高取町・第9回「町家の案山子めぐり」=その2=

案山子の多くは土佐街道沿いにある民家の玄関先や店の前(中にも)に展示されています。
案山子 案山子 (2) 案山子 (3) 案山子 (4) ピコ太郎 案山子 (5) 案山子 (6) 案山子 (7) 案山子 (8) 店の案山子
広い道路沿いや広場には工夫を凝らした案山子が多く展示されています。
バス停案山子だらけ一人だけ人間 バス停 バス停 (2) 案内地図の案山子 西遊記 広場の案山子 ハウルの動く城
例外は・・・「じいちゃん・ばあちゃんの館」ではクリスマスをテーマにした案山子が展示され、
じいちゃん・ばあちゃんの館 じいちゃん・ばあちゃんの館 (2)
下土佐公民館別館には昨年まで別の場所で展示されていた「サザエさん一家」や「ちびまるこちゃん一家」の案山子が展示されています。
下土佐公民館別館の案山子 下土佐
そして、観光案内所の夢創舘横には数体の案山子が今年も展示されています。
夢創舘 夢創舘横 夢創舘横 (2)
昨年までのブログにも書きましたが、案山子めぐりの魅力は「案山子」だけでなく、民家の玄関先に飾られている季節の花。寄せ植えが多く、来るたびに花々に癒されます。
案山子と寄せ植え 花 花 (5) 花 (4) 花 (3)
 花 (2)  
今年もまたまたサワガニを発見!! 今までに見たものの中で最大でした。
サワガニ
昨日は人出が少なく、地元の方々や夢創舘2階のギャラリーなどでいろんなお話をゆっくり伺うことができました。これも案山子めぐりの魅力の一つです。
スポンサーサイト
テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:0 

高取町・第9回「町家の案山子めぐり」=その1=

恒例の「案山子めぐり」が10月1日から31日までの1ヶ月間開催されています。
案山子めぐり看板
この数年、連続してこの「案山子めぐり」に行っています。今年も2回に分けて「町屋の案山子めぐり」の様子をご紹介します。

今日は、メイン会場(「街の駅 城跡(きせき)」)と案山子の七福神についてご紹介します。

メイン会場前では、昨年のネコバスを再利用したベアートレインがお出迎え・・・。
メイン会場前
メイン会場には宝船に乗った七福神の案山子が展示され、その横には昭和の町並みを仕草彫りで再現したジオラマが展示されています。このジオラマは見事!!というしかない素晴らしい作品でした。5月にこの会場で開催されていた「昭和の街並みジオラマと木彫り人形展」の一部のようです。
七福神 ジオラマ ジオラマ (2) ジオラマ (3) ジオラマ (4) ジオラマ (5) ジオラマ (6)
今年の「案山子めぐり」では初めて案山子の七福神巡りという企画が立てられました。御朱印カードを100円で購入して案山子の七福神の横に置いてあるスタンプを自分で押し、全てのスタンプを集めてからガラガラ抽選器で抽選し景品が頂けるというもの。

平日のため、土佐街道には観光客が少なく、ゆったりと様々な案山子を見て回ることができました。
土佐街道
七福神以外の案山子や町並みのことなどは「=その2=」でご紹介することにして・・・まずは、七福神の案山子をご覧下さい。
恵比須天1 大黒天2 布袋尊3 福禄寿4 弁財天5 毘沙門天6 寿老人7
スタンプが揃い、再びメイン会場へ行ってガラガラ抽選。残念ながら・・・絆創膏(もちろん、薬の町・高取ですから地元の会社の製品)でしたが、ネットで調べると・・・あるネット販売では税込みで127円。27円トクして喜ぶ関西人でアリマス・・・。
抽選 
テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:0 

明日香村稲渕地区「案山子ロード」

昨日のことです。

稲渕の案山子ロードへ妻と出かけました。7年連続して訪れたことになります。
ヒガンバナ (3) ショウキズイセン (2)
9月23日・24日に「彼岸花祭り」が開催され、第22回「案山子コンテスト」が行われる予定です。初めて行った2011年には3回も訪れ、その内の1回は「彼岸花祭り」の初日で、混雑を避けて早朝に出かけたのですが・・・大勢の人出で混雑。その経験から、翌年以降は「彼岸花祭り」当日を避けて訪れています。

今年(2017年)のテーマは「案山子」。昨年までは・・・「絆」「帰ろかな」「田んぼの神様・田んぼの生き物」「童謡・唱歌・わらべ歌のものがたり」「田んぼで働く人」「棚田deオリンピック」・・・子どものときによく見た案山子のイメージとはかけ離れた「案山子」が多く、「これを案山子と呼んでいいの?」と思う作品が多くありました。

「日本の原風景」とも言われる稲渕の棚田には相応しくないと思ってきたのですが、今年は違いました。素朴な「案山子」が多く、小さい頃に見た案山子がある風景の記憶がよみがえってきました。

案山子ロードの出発点は、勧請橋の下。
案山子ロード勧請橋
お出迎えしてくれた案山子は、日米草の根サミット「棚田視察団」の作品でした。
日米草の根サミット「棚田視察団」の作品 日米草の根サミット「棚田視察団」の作品案内掲示 日米草の根サミット「棚田視察団」の作品 (2)
そして、香港啓思中学校の生徒の作品が続きます。
香港啓思中学校の生徒の作品
これらの案山子の近くにヒガンバナが多く咲いていました。まだ蕾のものが多く、満開まであと少しといったところでしょうか。
ヒガンバナがお出迎え
まず、案山子ロードの案山子を一部だけご紹介します。
日本人の作品10番から 案山子2 案山子3 案山子4 案山子5 案山子6 案山子7 案山子8 案山子9
人気アニメーション「怪盗グル―」シリーズの影響で「ミニオン」の案山子が3種類もありました。その内の1つは妻の知人夫妻の作品で、完成が遅れたために私たちが通りかかったときに設置作業をされていました。戻るときに設置作業が終了したところでした。
知人のミニオン
「案山子」というテーマから外れた?作品もありました。昨年まではこういった「案山子」がたくさんありました。
テーマ外1 テーマ外2 テーマ外3 テーマ外4
今年の「ジャンボ案山子」は、「忍者」。説明掲示を読むと・・・チト苦しいこじつけ的な説明が。個人的な意見を申しますと、テーマに相応しく、素朴で巨大な昔懐かしい案山子を設置していただきたかった・・・デス。
ジャンボ案山子忍者 
(掲示は拡大できます)
ジャンボ案山子説明掲示
案山子ロードの楽しみは、もう一つ。見る機会が少ない白花ヒガンバナとショウキズイセンに会えること。
ヒガンバナ (2) 白花彼岸花 ショウキズイセン
もちろん、明日香の棚田などの景色を楽しめることがイチバンですが・・・。
景色 (2) 景色
テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:2 

本薬師寺跡のホテイアオイ

本(もと)薬師寺跡へは毎年のようにホテイアオイが咲く時期に訪れています。今年はヒガンバナが咲く頃に行こうと思っていたのですが・・・その頃には明日香村・稲渕の「案山子ロード」へ行くつもりなので、予定を変更して今日、訪れました。
畝傍山 ホテイアオイ (2)
本薬師寺跡にある駐車場は昨年より駐車スペースが狭くなっていて、すでに満車状態。200mほど戻ったところにある臨時駐車場に初めて車を止めました。
臨時駐車場
藤原京の薬師寺は、平城京遷都で薬師寺が西ノ京に移ってから本薬師寺と呼ばれるようになり、平安時代には廃寺となっていたようです。今は、金堂土壇の上に巨大な礎石が残るだけ。
金堂土壇
東塔土壇跡と西塔土壇跡も残っていますが、寺域は休耕田になっていて、「ホテイアオイ定植農園」として活用されているだけの寂れた国指定の特別史跡です。
東塔土壇跡 西塔土壇跡
訪れる人のほとんどは一眼レフカメラを携えたアマチュアカメラマン。敷物の上に寝そべって低いアングルから撮ったり、様々な種類の望遠レンズを取り付けたり・・・。
カメラマン カメラマン (2) カメラマン (3)
ホテイアオイ(布袋葵)は浮き草の一種。葉柄が丸く膨らんで浮き袋の役目をしており、浮き袋のような丸い形の葉柄を布袋の腹に見立てて「布袋葵」と呼ばれるようになった水草です。
ホテイアオイ 丸い形の葉柄
ホテイアオイの水田にはツチガエル(ヌマガエルかも)がたくさんいて、畦や水田で数多く見かけました。
ツチガエル(ヌマガエルかも) ツチガエル畦
一日花なので、「満開」となってからでも日によればあまり咲いていない年もありました。今日は運よく多くの花が咲いてくれていました。
ホテイアオイ (3)
水田の隣にハスが咲いています。ほとんどは茶褐色になった果托状態。
ハス花 茶褐色の果托
少しだけですがハス花や花托、そして蕾も・・・。
蕾、蓮花、花托 ハスの葉の水滴
帰ろうとすると・・・賑やかな声が聞こえてきました。黄色いフラップつきの帽子を被った園児たちが登場すると、それまで静寂に包まれていた本薬師寺跡の雰囲気が一変。こういう光景が大好きです。
園児 
テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:2 

おふさ観音の「風鈴まつり」

午前中、万葉ホールにある図書館へ行ったついでにおふさ観音へ・・・(何度も訪れていますが、今年初となるかき氷を食べたくなって)。
バラ園の風鈴
まず借りていた本を返却し、本を借りずにおふさ観音へ向かいました。

万葉ホールから歩いてすぐのところにあり、「バラまつり」や「風鈴まつり」にはいつも図書の返却・貸し出し時に気軽に立ち寄っています。正式名称は高野山真言宗別格本山観音寺。
おふさ観音山門
山門を潜ると風鈴とセミの大合唱が・・・もちろん、境内のバラはとっくに見頃を過ぎています。
境内 (3) 境内 (2) 境内
本堂の前(寺務所前)では、日本各地の風鈴即売会が行われています。値札を見ると千円前後のものから1万円近いものまで様々です。
寺務所前
会津本郷焼金箔うるし風鈴「扇桜」
会津本郷焼金箔うるし風鈴
南部風鈴「かっぱ」
寺務所前南部風鈴かっぱ
小田原風鈴「御殿」
小田原風鈴8940円
「金たまご風鈴」など
金たまご風鈴など
オリンポスの鐘(ウィンドチャイム5音階)・非売品
オリンポスの鐘(ウィンドチャイム5音階)
亀の池や鯉の池を見て、庭園内にある茶房「おふさ」へ。
亀の池 鯉の池 茶房 おふさ
御殿造りの茶室内には日本各地の風鈴が展示されています。かき氷を待つ間に風鈴の音に癒されながら展示されているものを見てまわりました。
風鈴展示 風鈴展示 (2) 風鈴展示 (3) 風鈴展示 (4)
たぶん1年に1度しか食べないであろうかき氷。左が私が注文したミルク金時で、右が妻の白玉つきのみぞれ。
かき氷
量が多くて・・・飽きてしまい、(楽しみにしていたのに)残してしまいました。

おふさ観音を後にして万葉ホールへ戻り、本を借りて・・・帰宅。
テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR