消火器の点検

今日は私の住む地域の「不燃物・粗大ごみ・ペットボトル」などの収集日でした。今年、自治会の副会長になり3ヶ月に1回、収集場所の管理をしなければならなくなりました。

今まで粗大ごみを収集場所に出したことはありましたが、そのとき当番の方々がどんな仕事をしているのかまったく知りませんでした。来月が当番なのですが、仕事の内容を知るために収集場所へ行き、当番の方とお話をしながら様子を見学…。
大型ごみ1
大型ごみ2
橿原市では、「一般家庭ごみ」や「「あきカン・あきビン」、「新聞・雑誌」などは家の前に出しておくのですが、「粗大ごみ・ペットボトル」などは収集場所に持ち込むことになっています。

当番は朝5時半ぐらいにペットボトルの仕分けネットを設置したり置き場所の札をつけたりし、8時前後に収集車が集めに来るまで立ち番をします。今日の当番の方に訊くと5時半の時点ですでにごみが置かれていたとのこと。夏場は明るいのですが、冬場は真っ暗な中…。陰のご苦労を今まで意識せずにいた自分が恥ずかしくなりました。

終了後、会長さんがペットボトルの仕分けネットを私の家に持ってきて下さいました。それから町内の消火器の点検へ。前年度の役員さんから今年交換が必要なものについて引き継ぎをしていましたが、実際に消化器を見て破損等がないか全て見て回りました。
消火器点検1
私の家の近くの消化器は2本入っているので、どこも同じだと思っていたら大間違いでした。3本のところや1本のところも。
点検2
点検3
全てチェックし終え、家に帰って次回の役員会に出す消化器交換の資料を作り、今日の自治会の「仕事」は終了。
応援クリックをよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:雑感  Trackback:0 comment:8 

大陶器市とアヒル

昨年初めてヒヤカシにいった橿原神宮での全国大陶器市。今年も妻と一緒に出かけました。昨年は5日目に行ったせいなのか思ったほどの賑わいはなかったのですが、今年は意外と多くの人出がありました。
参道
昨年と同じように参道入口には「大陶器市」の大きな看板がありました。 
 陶器市看板
幟
昨年は笠間焼の花器を買いました。今年も妻の気に入った花器があったのですが、0が1つ多く「高すぎる!」ために結局何も買わずじまいでした。まさにヒヤカシ…。0が2つつくものか千円台のものしか買うつもりはありませんでした。0が5つもつく陶器を値切っていた人も目撃しましたが、結局買われたのかどうかは??

写真に収めてきましたのでいくつかご紹介します。
益子焼
益子焼
九谷焼
九谷焼
織部焼
織部焼
備前焼
備前焼
常滑焼
常滑焼
唐津焼
唐津焼
鍋島焼
鍋島焼
有田焼
有田焼 
陶器市の帰りに運動公園に寄り道。今年の1月から「せせらぎ川」にアヒル4羽とアイガモ2羽が棲んでいます。以前はいなかったのですが、わが家のすぐ近くを流れる曽我川に棲みついたアヒルとアイガモを橿原市が引き取ったそうです。
合鴨
アヒル1
4羽のうち1羽は人に慣れているようで、妻の手から草を食べてくれました。
応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:7 

庭の小さな生きもの

毎年、梅の木にアブラムシがゾッとするぐらい多く発生します。ありがたいことにアブラムシの天敵であるテントウムシが食べてくれています。一匹で数千頭のアブラムシを退治してくれるそうなのですが、念のためアブラムシ退治用の殺虫剤も使用しています。
テントウムシ
カナヘビやトカゲもいるのですが、こちらは害虫退治にはあまり向いていません(カナヘビはアブラムシを食べてくれるそうですが)。カナヘビやトカゲは忙しそうに庭のアチコチを移動しています。たまたまツゲの木の上にいるところをパチリ。
カナヘビ
トカゲ
いろんな種類のチョウが訪れてくれます。アゲハやセセリ、シジミは必ずと言っていいほどしばらく「滞在」してくれるのですが、シロチョウやキチョウはうろうろするだけですぐにどこかへ飛んでいってしまいます。
ナミアゲハ
チョウ
キチョウ
招かざる客は、カメムシ。数年前、臭い、くさい、クッサイ、小さなカメムシが多く押しよせたことがあります。今、庭にいるカメムシは大型のもので常に臭いを発するわけではないのですが…苦手です。
カメムシ
昨年にもこのブログに載せましたが、ツマグロヒョウモンチョウの幼虫がもう動き回っています。
ツマグロヒョウモンチョウ幼虫
今一番の困りものは、ナメクジ。花弁を食い荒らされて困っています。今までは見つけたらヤッツケていたのですが、今年は試しに市販の毒エサを使っています。効果があるのか無いのか、まだよくわかりません。
応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

Tag:雑感  Trackback:0 comment:4 

仮面幻双曲

大山誠一郎の「仮面幻双曲」(小学館)を読みました。
仮面幻双曲

本格ミステリィと呼べる、様々なトリックを駆使した小説でした。残念ながら、どう考えてもソンナコトアレヘンヤロと言いたくなる「トリック」もありましたが、「謎解き」の面白さを味わえる作品ではありました。

小学館のHPには次のように紹介されています。
時は戦後まもなく。ある地方都市での出来事。占部製糸は紡績会社としては名の売れた企業だった。占部製糸では、双子がトップにつくと栄えるという歴史があり、社長は、かつて仲違いをした弟の双子の息子たちに会社を継がせた。しかし、その双子の兄弟は、あることから諍いを起こし、弟は家を出た。

弟は東京で整形手術を受け、行方をくらませた。そして、その弟から兄への殺人予告が届く。社長である兄からボディーガードを依頼された川宮兄妹だったが、寝ずの番に就いたその夜に兄は殺されてしまった。弟が殺したのか……。容疑者にはアリバイがあり、捜査は遅々として進まない。そして、第二の殺人が起こった。


読んでおられない方のために詳しく書けないことが残念ですが、整形手術で顔を変えた双子の弟の武彦が兄の文彦を殺したことはまちがいないことなのですが、作者はこの大前提となる「事実」にある仕掛けをほどこし、読者をあざむくのです。ナンノコッチャと思われる方には本書をお読みいただくしかありません。

あといくつか、読者に対して思い込みを利用したトリックを仕掛けているところが、この小説の面白さ。この点では文句なしにお薦めできる小説ですが、「犯人」の仕掛けたトリックには疑問符をたくさんつけざるを得ないのです。いくら戦後間もない時代が舞台とはいえ、そんな仕掛けに警察が気づかないはずがない(というより、犯人がそんな幼稚なトリックを仕掛けない)と思えるものがあるのです。

探偵の川宮が関係者全員を集めて謎解きをする場面は、横溝正史が作った名探偵、金田一耕助ばり。この最後の場面で読者をアッと言わせるのですが、少々無理のある設定が惜しい!!と言わざるを得ません。でも、楽しめた作品でした。
応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

Tag:読書  Trackback:0 comment:7 

高鴨神社の日本さくら草

このブログでご紹介したことのある高鴨神社へ妻のチカコと出かけました。お隣の市ですから用事の合間に。
高鴨神社
お目当ては、日本さくら草。前回訪れたときに4月後半から連休にかけて見ごろをむかえることを知り、もう一度訪れるつもりでした。今日は天気予報では、雨。運よく予報が外れ、明日行く予定だったのを一日繰り上げました。

行ってみてビックリ。去年までは桜草の撮影ができたらしいのですが、今年から展示されているものは「撮影禁止」になっていました。残念ながらこのブログで様々な日本さくらそうをご紹介することができません。その代わりに,、販売されている苗の写真を撮ってきました。
ポット苗販売
ポット苗展示
販売されているものは、展示されているものに比べて少しだけ見劣りはしますが、数種類だけご紹介します。
紅一点
田島ヶ原
雪車
桃源の夢
濃紫
近くに咲く八重桜を見にいくと、桜草の苗を栽培している場所を発見! 数多くの苗が並んでいました。
育苗
MR.BON流に表現すれば、今日はいい気分転換ができた鴨…。
応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:8 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR