第37回西日本アコ仲間の集い=その1=

9月29日(土)、30日(日)の2日間、堺市にある国際障害者交流センター「ビッグアイ」で第37回西日本アコ仲間の集いが行われました。

台風が接近する中での開催。今日はプログラムを少しだけ変更し、「終わりの集い」を短縮。いつもなら参加者からひと言感想を述べていただいたりしていたのですが、今回は5人の講師からのひと言感想のみにとどめ、なるべき早く帰路についていただくことになりました。

参加者は講師を含めて60名でした。
1日目
午後1時半から大研修室で「オリエンテーション」。その後、吉田親家講師の「基礎講座」、金 秀光講師の「個人レッスン」、杉村寿治講師の「ビアソング」、藤林克壽講師の「アンサンブル」、山本汎昭講師の「伴奏講座」。
講座(基礎) 講座(ビアソング)
 
講座(アンサンブル) 講座(伴奏)
 (個人レッスンは写真が撮れませんでした)

各講座を終えて、再び全員が大研修室に集まり、松原智美さんのゲスト演奏。10年間にわたる海外留学のお話をまじえながら、ドイツ、フィンランド、フランスの作曲家の作品を8曲、ピアソラの作品を3曲、計11曲を演奏していただきました。
ゲスト演奏
特に印象に残ったお話は、松原さんの友人が住むフィンランドはアコーディオンを小さい頃から学ぶ環境が整っているということです。各地の音楽学校にアコーディオン科があり、音楽大学にはアコーディオンを教える教授が4人も…。日本では考えられないことですね。

参加者からの質問がいくつか…。留学中に困ったことは?という問いへの答えは、トイレ。便器の高さが日本人には高すぎて…、というお話を聞いて、6月に行った旅行のこと(アムステルダムの空港で小便器が日本のものよりかなり上に設置され、ギリギリセーフだったこと。私より背の低い男性は「つま先立ちしてやっととどいた」という話をされていました。)を思い出しました。

フリータイムのときに杉村先生のファーストアルバムを買い、サインしていただきました。80歳を超えられてからの初CDです。すべて、タンゴ。全部で11曲が収録されています。珍しいことに演奏曲の楽譜が付いています。表紙の写真にも驚かされます。アコを弾きながら今にも飛び立ちそうなお姿。
杉村先生のCD
夕食は縦長のホワイエで。
夕食
夕食後、再び大研修室に戻り、交流会を。講座発表やサークルごとの重奏、独奏、弾き歌い、歌う会などで交流。松原アコは参加者全員(7名)で「黄昏のビギン」を演奏しました。参加者みんながそろっての合わせを前日までにできず、サンザンな出来で…。奈良アコは急きょ、SさんとTさんが「瀬戸の花嫁」を。
歌・伴奏 弾き歌い
 これで全員参加のプログラムは終了。あとは希望者が談話室に集い、「うたごえ広場」。私は松原アコのメンバーの部屋に行き、ビールなどを飲みながらしばし談笑。談話室に戻ると顔ぶれが少し変わっていました。山本先生のアコ伴奏で歌いマクリました。「疲れ」という言葉が山本先生の辞書にはないのではないか?と思うぐらい、楽譜なしでみんなのリクエストに応えて弾き続けるお姿に見とれてしまいます。
うたごえ広場
オヒラキの後、私はすぐに部屋に戻り、少しだけ同室のAさんと話して…就寝…。今日知ったのですが、松原アコの女性陣はその後もアルコールで盛り上がり、2日目に多大な影響が…。続きは、明日のブログで。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:8 

初心者教室の2回目

香芝市にあるUさんのご自宅へ。住所を教えていただいていたのでカーナビで楽チンに到着、と思って車に乗り込み住所を入力しようとすると○○から先へ進めません。何丁目何番地何号が指示できないのです。こういうことは初めて。仕方なく香芝市○○を目的地に設定して、出発。

目的地に設定された場所は○○1丁目。目的地である◆丁目が見つからず、結局Uさんに電話をして教えてもらってヤットコサ到着できました。

実は7月からレッスンを始める予定でしたが、足を怪我されて開始がノビノビになっていました。完治はされていないのですがアコを弾ける状態までほぼ快復されており、今日が自宅でのレッスン1日目となりました。

前回、白橿公民館での見学時に、アコの構え方やベルト調整などの基本的なことは終わっていましたので、弾く姿勢や構え方の復習から。まず右手側のグリルカバーを外して、バルブが鍵盤を押すと開く様子、スイッチの切り替えでリードに風を通す穴が閉じたり開いたりする様子などを見てもらいました。

そして私の楽器でスイッチの働きを説明し、いよいよアコを鳴らす第1段階、蛇腹の開閉。

まずは右手のドレミファソだけ。Uさんは楽器経験がなく(学校教育以外の)、全くの初心者ですので予備知識ゼロを前提に。全音符、2分音符、4分音符、8分音符、ハニホヘト、CDEFG、ドレミファソなどのお話もまじえながら…。

ベローの開閉を4拍ごとに行いながら楽譜どおりに弾くというのは、初心者にはとっても難しいことです。アコを何年も弾いていてもアウト・インのときに気を抜くと音がこわれてしまうのですから…。
右手1
右手2
ここまでで予定の一時間のほとんどを消化。残り時間で左手のCとCMを4と3の指で押す練習。指の角度が理想に近い角度になるまでにエライ時間がかかってしまい、気づくと時間を20分もオーバーしていました。
左手
家に帰るとき、古いカーナビには表示されない新しい道を通ると5分以上早く帰れることを発見。意外と近いことを認識させられました。行くときは遠く感じたのに…。

次回のレッスンまでに新しいアコを購入される段取りをすすめておられ、そのときに譜面台とメトロノームも購入される予定。次回レッスンが楽しみです。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:6 

桜の枝打ち

自治会が曽我川に植えていた桜の木が道路側にかなり覆い被さり、トラックなどの大型車が通るときに枝を折り、よく道に散乱していました。
伐採前1
伐採前2
写真でお分かりのように、ひどいところは道路の真ん中辺りにまで枝が伸びていました。役員会で枝を伐採することになり、市役所に依頼していました。

今日、業者や市役所職員がせん定作業を。会長と私で予定の8時半に待っていると、まず業者が到着。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」ということわざがありますが、桜の枝を打つときには注意が必要で、切ったところから病気になる場合が多いそうです。業者の方に伺うと、あまり切らない方がいいとのこと。

初めて知ったのですが、今は川の堤には桜の木を植えることができなくなっているそうです。昔は、市から自治会が植えるために補助もしてもらっていたのです。最近では平成18年に桜の木を新たに植えた箇所があります。これからは自治会としては植えることができないので、枯れてしまったらもうオシマイ…のようです。

交通整理の警備の方が2名。交通整理を行いながらの作業。
作業前
すぐ近くの自治会では市に依頼せずに自力でせん定作業を行っていて、太い枝が車のフロントガラスを直撃し割れてしまったと、たまたますぐ近くの倉庫で作業をされていた方にお聞きしました。ホントに危険な作業です。
伐採中1
伐採中2
こういう危険な作業はプロに任せるのがイチバンですね。あとは切ったところから「病気」にならないことを願うだけです。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

Tag:雑感  Trackback:0 comment:4 

庭の小さな変化

9月1日に庭の花を紹介しました。あれから大きな変化はありませんが、少しだけ変わったところがあります。

普通のハイビスカスの方は新たなつぼみが出ずに、9月中は「革命のフラミンゴ」だけが次々と咲いてくれていたのですが、やっと再び咲き始めました。ずっと咲いていなかったガーベラも再び咲き始めました。
ハイビスカス ガーベラ
 4ヶ月ほど次から次へと白い花をつけて目を楽しませてくれているサンパラソルは、今が盛りと思わせるほど多くの花が咲いています。まだまだつぼみがありますので10月も楽しませてくれそう。
サンパラソル
トレニアやセンニチコウは相変わらず咲き乱れています。フウセンカズラはどんどん数を増やし、それとともに茶色く変色したものが多くなりました。
フウセンカズラ
フウセンカズラ緑 フウセンカズラ茶
 新たに仲間として加わったのがハッピーベリーの実、サルビア、ジニア。
ハッピーベリーの実
サルビア ジニア
 秋が深まった頃、庭の変化をまた紹介します。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

Tag:雑感  Trackback:0 comment:6 

今日でアコーディオン「初級教室」は最後に

白橿公民館での「アコ教室」の最後の日となりました。

今日は久しぶりに「腰痛」と格闘中の京都のMさんがアコーディオンを持って参加されました。が、結局アコは弾けず、車と公民館との往復に苦労されただけでした。
Mさん
昨年7月に奈良アコーディオン愛好会の「初心者教室」を私が担当することになり、橿原市のMさんと天川村のIさんのお二人が対象だったために橿原市と天川村から通いやすい吉野郡下市町や大淀町で練習場所を探しました。結局、適当な場所がなく、火曜日と金曜日ならほぼOKの白橿公民館を借りることになりました。

私やMさんにとっては近くて便利な場所でしたが、Iさんにとっては「小旅行」なみ。おまけに夜勤もある厳しい条件でしたので通うだけで大変だったと思います。

昨年の秋から京都のMさんが、今年の6月からは広陵町のYさんが加わり、全部で4名の「教室」になりました。Yさんはアコ経験が少しある方なので何の問題もなしに3人の教室生の方と同じ課題をいきなり…。

1年ぐらいで「教室」を終わる予定で始めたのですがズルズルと今日まで続けてきました。ずいぶん前から「そろそろ『教室』は閉じて、別の形で続けませんか」という話をしていました。

今日のレストランでの話し合いで、「白橿アコーディオンクラブ(仮称)」的な合同練習をする集まりとして来月から再スタートすることになりました。「教室」の母体はあくまで奈良アコーディオン愛好会なので、みなさんに愛好会に参加していただきたいという呼びかけはもちろん行いましたが…。

今日欠席されたIさんには相談せずに申し訳ないのですが、簡単な2つの「重奏曲」のパートを決めました。来月から私は一参加者として…。今までのような「教える」立場ではなく、アコ弾きの仲間として、横のつながりでサポートするつもりです。

確実に上達するには松原智美さんのようなプロに教わることがイチバンだということやそれぞれの地元でアコ演奏ができたらいいなあという遠い(近い?)先の話で盛り上がり…。

解散するときに、家で野菜を作っておられるYさんとMさんにサツマイモやナスをいただきました。特にMさんからは今までにも季節の野菜をよくいただき、家計を助けていただいておりますデス(笑)。
サツマイモ ナス
 今日は花もいただきました。シオン(奈良では夜なべ花と呼ぶそうです)とジンジャー(生姜)。
シオン・ジンジャー
純粋?な「初心者教室」生は香芝のUさんだけとなりました。まったくの一からのスタート。これからのUさんとのレッスンが楽しみです。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:8 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR