1年を振り返って=その2=

昨日は、主にアコーディオンのことについて書きましたが、今日はそれ以外のことについて書きます。

◆腰痛を改善するために昨年末、ストレッチや筋力強化などを目的として体育館のトレーニングジムに通い出してしばらく後、また腰痛がぶり返し、整骨院へ「整体」に通い出しましたが…少しだけ通って、それも止めてしまいました。

自宅でできるストレッチは、今でも毎日続けています。そして、なるべく歩くように心がけています。

◆今年もいろんなところへ出かけました。基本は無料(タダ)のところ。近くだと歩いて、遠く(といっても奈良県内がほとんど)へ行くときは車で…。

退職してから、散策しながら花や自然から季節を感じることが好きになり、また無料のイベントがあるとふらっと出かけ…贅沢な時間を過ごすことが今年もできました。

◆お金をかけて(笑)たった1度だけですが、旅行にも行きました。石垣島と竹富島、小浜島、西表島、由布島をめぐる2泊3日の八重山諸島めぐり。

「旅行」ではありませんが、小谷村白馬乗鞍高原にあるファミリーペンション「ドレミの森」で学生時代の仲間9名が集まってのプチ同窓会もいい思い出となりました。

◆趣味の読書。今年も図書館通いを続け、当たり外れ、いろいろありましたがタップリと楽しむことができました。小説以外は買って読んでいますが…このブログで紹介することはありませんでした。ブログには小説しか載せてませんので「小説しか読まないの?」と聞かれることがありますが、もちろんそんなことありません(笑)。

◆いちばんうれしいのは両親が元気に過ごしてくれていること。そして、孫の成長。全部で18人が集い、父の米寿祝いができたことは今年の「トップニュース」です。今もあちこち出かけて忙しそうな両親。息子としては何よりの喜びです。

◆まだまだうれしかったことがいくつかありますが…ナイショ…。

◆腰を痛めるまでは身体を動かすことが大好きだった私ですが、今はスポーツを楽しむことがすっかりなくなってしまいました。汗をかくような運動ができなくなったことがイチバン悔しいこと、かな?

あと7時間あまりで2014年が終わります。
ブログを訪れて下さったみなさま、良いお年を…
今年最後の応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Tag:雑感  Trackback:0 comment:4 

一年を振り返って=その1=

今日は、アコーディオンを練習している部屋の整理(大掃除?)を行いました。

ソファーの上は楽譜やアコ関係の資料が山積み状態。まず楽譜の整理から始め、本棚に並べることにしましたが…本棚に「空き」を作ることから始めましたので結構時間がかかってしまい、午前中は楽譜の整理だけに時間を費やすことになってしまいました。

午後は資料の整理。私は「捨てる」ことが苦手で資料が増え続け…思い切って、大部分を処分することにしました。資料をつい読んでしまい、これにも時間がかかってしまいました。まだ「仕事部屋」には手をつけていませんので、明日は「仕事部屋」の整理…考えただけでゾッとします。

片付けをしながら、1年間の出来事を思い出しながら資料を見ていると…今年もいろんなことがあったなあ…と。

昨年はぎっくり腰を2度もヤッテしまい、アコーディオンを担いで松原アコに復帰できたのは4月でした。「ぱすとらあるアコ」は2月に、奈良アコは3月に「復帰」しました。1月の「新春高齢者ふれあい交流会」や3月の「第24回スプリングコンサート」などはアコを弾けず、司会だけ。ホント、ミジメ虫状態でした。

復帰したと言っても、家ではアコを弾かない日が続きました。8月頃から短時間だけ、それも2日連続は避けて練習していました。少し練習しすぎると次の日に腰の状態が悪くなるので、こわごわ練習していました。

10月頃からやっと腰への不安が少なくなり、毎日練習できるように(短時間ですが)なりました。そんな私ですから、「ぞうさんの家」で弾いたり、タンテ・ジラソーレのみなさんと訪問演奏したり、「ビバ・アコ」で演奏したり、「西日本アコ仲間の集い」に参加したり、松原アコや奈良アコ関連で人前で演奏したり…一つ一つがこの上ない喜びを感じながらの「一大行事」でありマシタ…。

資料や楽譜を見ながら、アコを再び弾くことができるようになった喜びをあらためて感じ、感慨に浸るワタクシでありました。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:2 

茉莉花(サンパギータ)

川中大樹の「茉莉花(サンパギータ)」(光文社)を読みました。
サンパギータ
茉莉花(サンパギータ)というのは、フィリピンとインドネシアの国花で別名アラビアジャスミン。この小説の舞台となるのは日本ですが、日本人がフィリピン女性に産ませた子どもたちをターゲットとした臓器売買が絡んでいることからこのタイトルがついているようです。小説ではお終いから5ページ目になってやっと登場することになる香りのよい花として登場します。

フィリピンだけでなく、世界中のいろんな国で生活苦から大人が自身の臓器を売るという悲しい現実があることはよく知られていますが、この小説で扱っているのは日本人の子どもを救う(目的は金儲け)ために、日本人がフィリピンで現地女性に産ませた子どもを誘拐して、計画的に臓器移植を行わせるというおぞましい事件を背景としています。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
尽誠会巴組の組長・水谷優司の幼馴染み・神楽武雄が刺殺された。前夜、優司は本人から「しばらく横浜を離れる」と聞かされたばかりだった。事件の謎を追い始めた優司は、武雄がフィリピンの女性を妊娠させた日本人を恐喝していたことを知る。さらに、水谷家にホームステイしているフィリピン人留学生・シェリーの両親も三年前に殺されていることがわかって…。一連の事件につながりはあるのか。悲劇の裏には、いったいなにが―?第15回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

主人公(探偵役)は祖父や父の後を継いだ組長、優司。父は優司が4歳のときに喧嘩の仲裁に入って刺し殺され、母は父の死後、あとを追うように病没。

幼い優司の養育係として祖父が連れてきた和江(当時19歳で未婚の母)と祖父、優司の3人暮らしが部屋住み修行を始めるまで続き、その後優司は和江の娘と結婚して子どもを授かりますが、妻は銃撃事件に巻きこまれて死亡。

今は祖父と義母の和江、優司、息子、そしてシェリーというフィリピンからの留学生が一緒に暮らしています。

このシェリーの両親が亡くなった謎を追っていくという物語ですが、探偵役を組長として設定したことが作者の最大の誤り。どす黒い裏社会を描きやすいという利点があったのは理解できますが、あまりにも裏社会に生きるものを美化しすぎていてウンザリさせられました。清く美しい?ヤクザが何人も登場し、「悪」と対決するのですから…。

かなり以前にこのブログに書いたことがありますが、裏社会に生きた人と話をしたことがあります。その世界では有名人だった人ですが個人的に話すと…とてもいい人でした。「ヤクザ」を一括りにして全人格を否定するつもりはありませんが、この小説のようにかっこよく描きすぎると反感を買うだけです。

ハードボイルド小説でもなし、社会派ミステリでもなし、もちろん本格ミステリでもなし…中途半端な設定がもったいないと思った小説です。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

松原アコーディオンクラブの「忘年会」

昨夜、松原アコーディオンクラブの「忘年会(クリスマス会)」が羽曳野市内で行われました。

昨年は腰痛のために休会中で、「クリスマス会」には参加しませんでしたので、私にとっては2年ぶり。今年の4月5日にクラブへ復帰しましたが、ほとんど家ではアコーディオン練習を行わず、クラブのある日だけ(奈良アコやぱすとらあるアコも)その場でだけ練習するという日が続いていました。

秋が深まった頃からかなり腰の状態がよくなり、家でも短時間ですがアコ練習をするようになり、今は来春のコンサートに向けて久しぶりの「新曲」に取り組んでいます…

孫と妻に見送られて駅へ。集合時刻は5時半。5分ぐらい前に「中華酒席 季し菜」へ到着。
中華酒席 季し菜
この店に行くのは初めてです。店主に伺うと10年以上前にオープンしたそうですが、店内の雰囲気がよく清潔感があってつい最近オープンしたような感じの20名ぐらい入れるお店。

参加者は全部で16名でしたので「貸切」。他のお客さんに気兼ねしなくていいので贅沢な「忘年会」となりました。「乾杯!」の前にこの店のオーナーシェフが調理前のオマールエビを見せて下さって参加者から「歓声?」が…。
オマールエビ 
アナゴの刺身サラダも味付け前にテーブルまで持ってきて下さり、みんなに説明してから味付けをして再びテーブルへ。ニクイ演出です。
アナゴの刺身サラダ 生アナゴ味付け
小皿にアナゴの刺身サラダを取り分けてから「乾杯!」。
アナゴの刺身サラダ (2) 乾杯!
これ以外にいただいた料理は…ガーリック味の利いたオマールエビ、ジャガイモ・スペアリブのスープ、鶏や生キクラゲの蒸し物、中国野菜鍋、牛肉・黒オリーブの炒飯、デザート…。どれもシェフの工夫が感じられる、素材の味を大切にしたウマイ料理ばかりでした。
オマールエビ (2) ジャガイモ・スペアリブのスープ 食事中2 鶏・生キクラゲの蒸し物 中国野菜の鍋 牛肉・黒オリーブの炒飯 デザート
私は吉田先生の隣に座りましたので、先生といろんな話ができました。この日、AAA(全関西アコーディオン協会)の機関誌をいただいたのですが、この機関誌の編集を昨年から吉田先生がされています(昔は複数の方が編集にたずさわっておられたのですが)。その苦労話をお聞きして…複雑な心境に…。
AAA.jpg
貸切でしたので遠慮することなくアコーディオンを弾くことができます。といっても…演奏は専ら吉田先生。先生に何曲か演奏していただいた後、松原アコで一番若いYさんが1曲だけ…。
吉田先生の演奏 (2) 吉田先生の演奏 Yさんの演奏
9時を少し過ぎて、解散。1年の締め括りにふさわしく楽しい、美味しい「忘年会」でした。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:4 

今年最後の「バカジイ」日記

今朝、孫が我が家へ。

今日は「メルちゃん」人形を持ってきていました。さっそくメルちゃんに話しかけて遊んでいます。朝食のときには台所までメルちゃんを連れて行き、床に「布団」を敷いて寝かせ、食べながらときどきメルちゃんの方を見ている孫。
メルちゃんだっこ 階段下のメルちゃん
食事をすませると炬燵のある部屋でお料理ごっこをしたり、フウセンカズラの種で遊んだり、階段の最下段にメルちゃんやアンパンマンを寝かしつけにいったり…。飽きることなく遊び続けます。犬のマラカスを振りながら歌ったり、妻に絵本を読んでもらったり…私は途中で2階に上がり、少しだけアコーディオンの練習を。
お料理ごっこ フウセンカズラ メルちゃんオヤスミ
私が台所で新聞を読んでいると…「ダッコ!」。膝の上に乗せて新聞を読んでいると、天気予報の欄(等圧線などが書かれている地上天気図)を指して「これは何?」ときくので、「うーん、これはむずかしいなあ」と言うと「天気予報!」。これには妻と私はビックリ。まさか天気図を見て「天気予報」という言葉が出るなんて思ってもみませんでしたから…

そうこうするうちに家の中での遊びに飽きてきて、散歩に出ることに。
庭に出ていつものように花を見てまわり、久しぶりにかざぐるまを吹かせてみると…見事にクルクルと回り、孫は上機嫌。何度も回して喜んでいます。
風車
そして、近所を散歩。普通は夏に咲くインドハマユウの花がつい最近まで咲いていた場所を通りかかると「花がなくなってるねえ」…またまたビックリさせられる私。電車が見えるところまで行き、2本(普通と特急)見て満足した様子。
電車 特急
帰りは違う道を通り、途中にある犬や狸、ウサギの置物を見て帰りました。犬の置物は親子2体あり、私が「お母さんと赤ちゃんかな」と言うと、孫は「お父さんと赤ちゃん。大きいからお父さん!」…これにもビックリ。
犬の置物 狸やリスの置物 ウサギの置物
家に帰ると、もう昼食の時間になっていました。いつものことですが、私にダッコさせ、妻が料理をする様子を熱心に見ている孫。この時の様子を「料理ごっこ」で再現しているのですから…。

食事を終えると昼寝の時間ですが、すぐに寝ようとせずに二女がよく使っているマッサージチェアに上り、そこで寝る真似をしたり…なかなか寝てくれません。
二女の真似
妻が洗いものを終えてから…妻がダッコするとようやく寝てくれました。
昼寝
最後にもう一つびっくりさせられたことが…。太陽が雲から顔を出して縁側が明るくなったときに「あっ明るくなってきたね」と私が言ったとたん、すぐに暗くなりました。すると突然孫が立ち上がり、台所にある太陽光発電のモニターを指差して「あっ、あれオレンジになってるね」(売電状態では青、買電状態ではオレンジに)…日照とモニターの関係をよくワカッテル?孫であります。ここまで書くと完全に「バカジイ」でアリマスな~。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村
テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

Tag:未分類  Trackback:0 comment:4 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR