「バラまつり」最終日・「風鈴まつり」前日=おふさ観音=

かしはら万葉ホールにある図書館へ行くついでに、このブログで何度もご紹介したことのある「おふさ観音」へ。
おふさ観音
おふさ観音で行われていた「春のバラまつり」は今日が最終日。明日から2ヶ月間、「風鈴まつり」が行われます。

予想通り、ほとんどのバラは花期を終え、境内のバラ園ではバラ鉢の片づけや掃除が行われていました。
バラ園掃除 バラ園 (2) バラ園
まだ咲いているバラもありましたが、ごくわずか…。
バラ (2) バラ (5) バラ バラ (6) バラ (3) バラ (4)
「風鈴まつり」の準備をほぼ終えた状態で、境内では風に揺られていい音がずっと鳴っていました(真夏ではありませんので、「涼しさ」を感じることはありませんでしたが…)。
風鈴 (2) 子安観音 風鈴
紫陽花の時期も終えてしまい、鑑賞に堪える紫陽花はごくわずか。
アジサイ2アジサイ1  アジサイ3
※万葉ホールからおふさ観音へと続く道沿い(飛鳥川に架かる橋の手前)にある鳥居の近くに咲く紫陽花はきれいでした…。
鳥居のアジサイ
境内に咲いていたバラ以外の花をご紹介します。クレマチス ロウグチ(ベルテッセン)と夏椿、スイレン、ムクゲです。
クレマチス ロウグチ(ベルテッセン) ナツツバキ スイレン ムクゲ
その他、「亀の池」の亀、「鯉の池」の鯉、カマキリの幼虫、カミキリムシ(失礼!交尾中でした)。
亀 鯉 カマキリ カミキリムシ
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:4 

駅神

図子 慧の「駅神」(早川書房)を読みました。
駅神
「尋ね人」「遊魂」「八卦仙」「相性」という4つの短編から成る連作短編集です。この小説は「易」に興味をお持ちの方なら面白く読めるかもしれない、一風変わった小説です。

巻末資料として八卦=乾(けん)坤(こん)震(しん)巽(そん)坎(かん)離(り)艮(ごん)兌(だ)=の意味や六十四卦(か)=乾為天(けんいてん)坤為地(こんいち)~水火既済(すいかきせい)火水未済(かすいびせい)=の意味などが18ページ分も掲載されています。資料が掲載されているほどですから、占いに興味がない私にはとても読みにくい個所がいくつもありました。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
雨の日、気まぐれに駅のホームに現われて易を立てるという謎の老人。ふとした偶然からその存在が知られることになり、彼の助言をもとめて駅を訪れる人々。易とは何なのか?その結果によって悩める人々は救われるのか?東京の下町を舞台に、人々の想いが絡みあい綾をなす異色の人情ミステリ。

この小説が「ミステリ」という範疇に入るのかどうか疑問符がつきます。

京成高砂駅~京成金町駅までの間を結ぶ2.5kmの短い路線である金町線に気まぐれに出没する老人は、人々から「ヨンバンセン」と呼ばれるほど占いがよく当たる占い師。正体不明で無料で占ってくれますが、答えをメモ用紙に書き付けるだけで説明は一切なし。

主人公となるのは、香川県から出てきて東京の大学に通う19歳の相沢章平。彼の一人称語りです。第一話と二話はめずらしい小説だなあと思いながら(易に関する記述に戸惑いながら)読み進めていったのですが、第三話(「八卦仙」)になって読む気が失せてしまいました。

彼の夢(睡眠中の)を詳しく描いているだけの物語。その夢は「易」の世界。この話だけが浮いてしまっているのです。おそらく作者が「易」について学んだことをこの第三話で読者に解説を試みたのでしょう。「八卦」を擬人化して構成した物語で…ここで読むこと自体を放棄しようと思ったほどツマラナイものでした。

しかし、最後の第四話を読んで評価が一変しました。この最終話がイチバンまともなミステリだったのです…。夫がホームから突き落とされ殺害された妊娠中の妻が真相を究明する物語。「易」も出ては来ますが、「普通の」ミステリに占いを少し混ぜただけの扱いで、登場人物の温かい心情にホッとさせられる内容でした。

他の三話はオススメには値しない内容でした(特に第三話)が、第四話だけは違う作家が書いたの?と思うぐらい、出来のいい作品でした。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:2 

お宮参り

昨日、橿原神宮へ「お宮参り」に行きました。長女夫妻が挙式し、一人目の孫がお宮参りした場所でもあります。
橿原神宮
集合時刻より少し前に着き社務所の前に駐車。その後少しだけ時間があったので、深田池へ。この池はスイレンが多く咲くことでも知られています。池畔にはアガパンサスが咲き誇っていました。
深田池アガパンサススイレン 深田池スイレン
表参道や南神門の写真を撮っていると、娘一家と娘婿の両親が社務所前に到着。
表参道 南神門
手水舎の前で待っていると…いつもよりおめかしした孫が走ってきました。その後ろに孫を抱いた娘夫妻と娘婿の両親が…。
表参道から南神門 表参道から南神門へ
まず、参集所へ入り、申込みをしたり産着に紐銭をつけたり…
右:参集所
 
そして、神楽殿でお祓いをうけて祝詞を上げてもらいました。
神楽殿 (2) 神楽殿
参集所を出て、上の孫のときと同じように大絵馬の前で記念写真を撮りました。
大絵馬の前 
大絵馬の前 (2) 大絵馬の前 (3)
その後、レストランで「お食事会」。娘たちは一旦家に帰り、夕方にスタジオで記念撮影してもらいました。娘がメールで送ってくれた写真です。(かわいいデッシャロ~…「バカジイ」より)
記念撮影
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

Tag:未分類  Trackback:0 comment:6 

「里帰り」を終え、娘一家が自宅へ…

昨夜、「里帰り」していた娘一家が自宅へ戻りました。

朝、いつものように娘が孫に朝食を食べさせ、その間、妻は赤ちゃんのお守り。
朝食
保育所に行く用意をして、私と妻とで保育所へ。孫は「家に帰る」ことは分かっているのですが、我が家から保育所に行くのは今日が最後、ということが理解できないようで「おじいさんが保育所に送っていくのは今日でおしまい…」と言っても「なんで?」と不思議そうな顔。

娘は、この1ヶ月ずっと母乳だけ、いわゆる完全母乳で育てています(上の孫のときもそうでした)。用事で外出しなければならないときは搾乳し、妻が哺乳瓶で飲ませていました。娘が飲ませている姿が、「娘」ではなく「母親」としてまぶしく見える私でアリマス。

母乳の力はやはりスゴイです。この1ヶ月で約1kg体重が増えました。
スヤスヤ
保育所へ最後の「お迎え」。記念に保育所の駐車場で写真を撮ろうとすると…帽子で顔を隠し…「もう撮ったよ」と言って帽子を取った瞬間にパチリ。
帽子 お迎え
我が家に戻り、妻が用意していた七夕飾りを孫に掛けさせると「ささのはさあらさら のきばにゆれる」と歌い出す孫。
七夕飾り
風呂に入り、夕食を終えて…娘一家は帰っていきました。孫は「またあしたくるからね」とうれしい言葉をかけてくれます。
家へ 家へ (2) 家へ (3)
みんなが帰ると…家の中が急に静かになりました…。
今日は、宮参り。宮参りのことは、可能なら明日のブログに書くつもりです。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
テーマ : 幸せなひととき
ジャンル : 結婚・家庭生活

Tag:未分類  Trackback:0 comment:2 

アコーディオン・グッズ

昨日はアコーディオンのCDをご紹介しました。アコを弾かれる方なら楽譜や曲集はもちろんどなたもお持ちです。これは、必須!

必須ではありませんが、つい目がいってしまうものがアコーディオン・グッズです。

旧ブログで一度だけアコーディオン・グッズをご紹介したことがあります。そのときはブログを始めたばかりでアクセス数が少なく、おそらくその記事を見た!!という方はほとんどいらっしゃらないと思います。

そのときにご紹介したものと4点だけ重なりますが、私が旅行先で買ったもの(海外のものもあります)や記念品としていただいたもの、プレゼントしていただいたもの…いろいろあります。いくつかご紹介します。

まず多くの方が持っていらっしゃるもの…AAA主催の「ビバ・アコ」に出演すると記念品として頂けるものです。アコーディオンを拭くクリーニングクロスを頂いていた時期もありましたが、最近はバッジに変わり、今年は携帯ストラップでした。
ビバアコ
左は飾り物のアコーディオンですが、右は子ども用の中国製トイアコーディオン。一応、音を出すことができます。
トイアコと飾り物
中欧を旅行したときに買ったボヘミアガラス製の置物と木製の置物です。
海外  
本革製キーホルダーです。これは日本製で、よく出回っているようです。右の置物はどこで買ったのか忘れましたが、他の楽器とセットで買いました。
革とセットもの
両端のものはよく見かけるものです。片一方は頂き物。真ん中のものはクリスマスツリーに飾るもの?
置物3
こんなもの集めてドースルンと、アコに興味がない方には思われるかも…。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村
テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR