アコーディオン=関東と関西の違い=

8月22日、23日の「西日本アコ仲間の集い」の準備をしているとき、関東地域でこの夏に行われる泊を伴うアコーディオン行事のことが気になり、ネット検索して調べてみました。

さすが、アコーディオン人口の多い関東!です。4つの行事がすぐに見つかりました(まだあるかも…)。

「西アコ」と時期が重なるのですが、8月21日(金)から23日(日)まで2泊3日で「夏のアコーディオン講習会2015 in 野辺山」が音楽センター主催で開催されます。

費用を見てビッックリ。2泊3日全日程参加で、43,200円。1泊2日で、32,400円。主な内容は、個人レッスンとアンサンブル。「西アコ」は1泊2日で15,000円。安けりゃいいというものではありませんが…

講師陣はさすがに充実しています。要項を見ると、松永勇次、川口裕志、柴崎和圭、鶴見篤子、稲葉由理子、森陽介他…。私でも名前を存じ上げている方々ばかりです。

2つ目はすでに終わっていますが、関東アコーディオン演奏交流会が主催する「関東アコ 伴奏講座」。7月19日(日)・20日(月)に1泊2日で開催されました。内容は行事名そのままで、伴奏に特化した講座。講師は青山義久、池田 健。費用は14,000円。

関東アコーディオン演奏交流会は関東の50以上のサークル・教室が集まり、毎年コンクールを開いている組織で、松原アコーディオンクラブにも案内を送って下さっています。歴史のある「交流会」です。

3つ目は、「埼玉アコーディオンサークル協議会 夏合宿」。8月1日(土)から3日(月)までの2泊3日で36,000円。講師は松永勇次、山岡秀明、大塚雄一、柴崎和佳、津花幸嗣。

4つ目は、「アコーディオン夏合宿セミナーin 檜原村2015」。8月7日(金)から9日(日)までの2泊3日で、個人レッスンが3回とアンサンブルレッスンや音楽理論講座が行われます。個人レッスンの時間によって3つのコースがあり、44,200円 51,200円 59,200円となっています。講師は川口裕志、大田智美、倉田美穂。

驚きました、関東地区内で4つもの泊を伴う「講習会」が成り立つなんて…。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:2 

藤原宮跡の蓮ゾーンと朝堂院東ゾーン

藤原宮跡へハスとキバナコスモスを見るために出かけました。昨年も一昨年も朝食後に出かけたのですが、今日は朝食前に出かけました。
蓮ゾーン (2) 蓮ゾーン
昨年は7月23日に、一昨年は7月17日に訪れました。その頃には見頃を迎えようとしていたのですが、今年のネット情報によれば開花が遅れており…開花が進むのをずっと待っていました。

藤原宮跡の「蓮ゾーン」に着くと、すでに多くの写真愛好家が熱心に写真を撮っていました。毎度のことですが、私のような安物のコンデジで撮っている人は皆無。一眼レフカメラ(+交換レンズ、三脚、折り畳み椅子、バックパック)で撮っている方々は私のようにウロウロせず、デンと構えて時間をかけて…。
カメラマン カメラマン (3) カメラマン (2)
ハスの開花状況は5分咲き程度でした。3,000平方メートルの蓮池にポッカリと空間があり、満開を迎えるのはもう少し先のようです。以前にもご紹介しましたが…碧台蓮(へきだいれん)や即非蓮(そくひれん)、大賀蓮(おおがはす)、小舞妃蓮(しょうまいひれん)、中国古代蓮(ちゅうごくこだいはす)、皇居和蓮、日本古代蓮、唐招提寺蓮、法華寺蓮、粉松球蓮、中型蓮という11種類のハスがありますが、ほとんど咲いていない種類もありました。
看板 咲き始め 咲き始め (2)  蓮 蓮 (5) 蓮 (4) 蓮 (3) 蓮 (2) 碧台蓮 碧台蓮 (2)
蓮池にはたくさんのザリガニがいます。人が近づくと逃げてしまうのですが…ジーッと待っていると姿を現します。ほとんどのザリガニは横になって葉や茎にしがみついていました。
ザリガニ (2) ザリガニ (4)
蓮ゾーンの西隣は「朝堂院東ゾーン」。キバナコスモスが咲き始めていました(北にある「夏ゾーン」にはほとんど咲いていませんでした)。
朝堂院東ゾーン 黄花コスモス 黄花コスモス (2) 黄花コスモス (3)
キバナコスモスに混じって早くもコスモスがちらほら。
コスモス コスモス (2)
気分よく藤原宮跡を後にしたのですが、帰り道で交通事故(赤信号を無視して交差点を突っ切ろうとした原付バイクが横断中の女性に衝突。幸い大きな怪我ではなかったようで運転手もはねられた女性もすぐに立ち上がりました)を目撃し、複雑な気分で家へ…。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:6 

久しぶり=アオダイショウ=

昨日のことです。久しぶりにアオダイショウを見ました。
CIMG2403.jpg 
昔は我が家の近くでときどき遭遇することがありました。しかし、この十数年間はアオダイショウやシマヘビを家の近くで見ることはありませんでした。

マムシは二上山の麓などでばったりと出くわし、驚かされたことはありますが、子どもの頃からよく目にしたお馴染みのアオダイショウをとんと見かけなくなっていました。

隣家の塀の上にアオダイショウがいるのを見つけ、急いでカメラを取りに家に戻りました。
CIMG2402.jpg
門から出て写真を撮っていると、隣家との境にあるネットフェンスから我が家へ入ろうとするではありませんか…。ヘビ嫌いの私はあわてて棒を取りに行き、手にした棒で頭をつつくと…再び隣家の敷地へと戻っていき、姿を消してしまいました。
CIMG2404.jpg
以上、手抜きブログでした。
あまりに寂しいブログなので、庭に咲くバーベナとペチュニアの写真をご覧下さい…
バーベナ ペチュニア ペチュニア (2) ペチュニア (3)
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
テーマ : いいもの見つけた
ジャンル : 日記

Tag:雑感  Trackback:0 comment:4 

江戸風狂伝

北原亞以子の「江戸風狂伝」(中央公論社)を読みました。
江戸風狂伝
「伊達くらべ」「あやまち」「憚りながら日本一」「爆発」「やがて哀しき」「臆病者」「いのちがけ」という7編からなる短編集です。

どの作品も実在した人物が主人公となっています。奇人・変人・風狂というより型破りという言葉がぴったりな人物たちが次々と登場します。

「伊達くらべ」には石川屋六兵衛、「あやまち」には池大雅、「憚りながら日本一」には和泉屋甚助、「爆発」には平賀源内、「やがて哀しき」には藤枝外記、「臆病者」には歌川国芳、「いのちがけ」には馬場文耕が登場します。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
材木問屋・和泉屋甚助―みずからの号を反物に染め、馬子唄に折り込ませる。あの手この手で名を広めようとするこの男、ただの売名か大粋人か?(「憚りながら日本一」)
高名な画人・池大雅と玉瀾夫妻―二人を訪ねた男は、あまりに風変わりな生き方に仰天するが、この訪問には裏が。(「あやまち」)
講釈師・馬場文耕―美濃郡上藩の騒動を高座にかけ、お上の手前まずいと知りつつ、しゃべりだしたらとまらない…(「いのちがけ」)
など、奇にして潔なる人々を描く傑作集。



「伊達くらべ」「あやまち」「憚りながら日本一」までを読むのにずいぶん時間がかかりました。金にものを言わせるような豪商の行いや売名ねらいの奇行にうんざり。主人公の行いにあきれ果て、何度も読むことを中断しながら…苦行に近い「読書」でした。

しかし、「爆発」から俄然面白くなり…特に「臆病者」「いのちがけ」では世の流れに従わず、自分の意志を貫き、どんな困難に出合っても怯まず挫けない登場人物たちに共感を覚えました。

歌川国芳が自らを臆病者としながらも天保の改革に反骨精神を発揮した作品を描く葛藤を描いたり、馬場文耕が幕府によって刑に処せられるのを恐れながらも郡上八幡の「お家騒動」を百姓の立場に立って講談する過程を描いたり…最後の2話によって最初の3話のつまらなさを忘れさせられてしまいました。

歴史好きの方にはオススメの1冊です。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:4 

3ヶ月ぶりに奈良アコーディオン愛好会へ

昨日、奈良アコーディオン愛好会の例会におよそ3ヶ月ぶりに出席しました。例会日に個人的な用事が重なってしまうことが多く、ずっと参加できていませんでした。6月の「ビバアコ」合奏出演も辞退したぐらい…。
集会室
奈良アコの例会場所が奈良市ボランティアセンターと三笠公民館の2ヶ所になり、一度だけ奈良市ボランティアセンターでの練習に参加して以来だと思います。昨日は奈良市大宮町にある三笠公民館での例会でした。
三笠公民館(奈良市大宮町)
私が参加できなかった間に例会の内容が変わっていました。奈良市ボランティアセンターでは合奏の練習に重点を置き、三笠公民館では自主練習に時間を割くようになったようです。

昨日、Sさんが購入された新品のアコーディオンを初めて見せていただきました。BUGARI社のHMML4セット・ダブルチャンバー付の高級アコーディオンでした。
Sさんの新しいアコ
このアコーディオンのマスタースイッチはHMMLではなくMM(ヴァイオリン・トーン)に切り替えるスイッチとなっていました。私はこういうアコーディオンがあることを初めて知りました。
マスタースイッチがヴァイオリン
集会室で新品アコをイジらせてもらってから、新しい合奏曲(思い出の唱歌メドレー改訂版)のスコアとパート譜を編曲者のIさんからいただき、少しだけ自主練習をしました。
自主レッスン
その後講座室へ移動し、パーカッショニストのKさんが持ってこられた様々な打楽器で遊ばせてもらってマシタ…。
講座室
最後は、集会室で恒例の独奏披露。奈良アコのメンバーは練習熱心な方が多く、演奏する姿を見ながら感心するだけのワタクシです。私は披露できる曲がなくて…「聴き手」に徹していました。
集会室 (2) 集会室 (3) 集会室 (4)
久しぶりに参加して、奈良アコのよさを再認識させられました。
今日も応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:6 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR