馬見丘陵公園「第3回 馬見ひまわりウィーク」=その2=

昨日のブログの続きです。
ヒマワリ ヒマワリ (2)
いつものことですが、花の「名所」に行くと、花の写真や花に集まる動物の写真を熱心に撮っている多くのアマチュアカメラマンの姿があります。昨日は「花の道」にまだ見頃のヒマワリを撮るカメラマンが多く集まっていました。構図やアングル、シャッタースピード、F値、ISO感度・・・会話の中に混じるこんな用語を普段は意識しないで撮っているワタクシがいい加減すぎるのでしょうね。
花の道カメラマン 花の道のカメラマン
今日は、昨日のブログに載せることが出来なかった花や動物をご紹介します。

ヒマワリが咲いていない場所にはあまり人の姿がありませんでした。まず、そんな場所の写真から・・・。
人のいない場所 (2)
トチノキ橋付近でトチノキにいるカタツムリを見つけました。その隣ではホオノキの葉の裏にセミの抜け殻があり、そのまた隣の木にアブラゼミが留まっていました。昔は我が家の庭にカタツムリがいましたが、いつの頃からかまったく見かけなくなってしまいました。
トチノキのカタツムリ ホオノキの葉の抜け殻 アブラゼミ
少し進むと、ギボウシが・・・我が家では7月初旬に多くの花を咲かせていましたが、ここは1ヶ月遅れ。
ギボウシ
睡蓮の池にはたくさんのスイレンが咲いていました。赤系統はなく、咲いていたのは白と黄色だけでした。
睡蓮黄色 睡蓮白 睡蓮
池の周りで、またまたセミの抜け殻とアブラゼミ、カタツムリを写真に収めることができました。公園内は蝉時雨と言うよりもセミが叫いているという表現がぴったりなほど多くのセミが鳴いているのですが・・・高い場所で鳴いていることが多く私のカメラでは撮りにくくて諦めています。
睡蓮の池近くの紫陽花の抜け殻 睡蓮の池近くのアブラゼミ 睡蓮の池近くのカタツムリ
「花の道」では低いところで鳴いていたクマゼミが逃げずに写真に収まってくれました。
花の道クマゼミ
「花見茶屋」前にはひまわりのミストが設置されていて、一時だけですが涼しさを感じることができます。ミストを浴びるつもりはなかったのですが、妻が先に試して・・・嫌がる私に勧めるので仕方なしに行くと・・・ヒンヤリ、いい気持ち・・・。
花見茶屋前ひまわりのミスト
すぐ近くにマリーゴールドとサルビアファリナセアが咲いています。
花見茶屋前マリーゴールドとサルビアファリナセア
その他、公園内で見た花の一部をご紹介します。
赤茶色のルドベキアと白いペンタス
ルドベキア赤茶色 ペンタス白
ピンクのキョウチクトウと白いキョウチクトウ
馬見花苑キョウチクトウピンク 馬見花苑キョウチクトウ白
よく見かけるムクゲとあまりみかけない真っ白なムクゲ
ムクゲ ムクゲ真っ白
ダリアとハナザクロ
北エリアダリア 北エリアハナザクロ(花柘榴)
スポンサーサイト
テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR