「壁の男」

貫井徳郎の「壁の男」(文藝春秋)を読みました。
壁の男
貫井徳郎の作品を読んだのは「後悔と真実の色」が初めてでした。この本はオススメとして紹介したのですが・・・その後読んだ短編2点と長編2点の出来が悪く(というよりも、私の好みに合わず)、図書館ではこの作家の本が並ぶ場所は意図的に素通りしてきました。

先日、図書館に行ったとき・・・真っ白な地に黒い文字で「壁の男 貫井徳郎」と書かれた背文字が目に飛びこみ、手に取って出版年を見ると昨秋発行されたばかりの本だと分かりました。新作という理由だけであまり期待せずに読んでみることにしました。

これが・・・大正解! 作者に対する評価が一変するほど読み応えがあり、温もりを感じさせてくれる感動的な小説でした。

文藝春秋のHPには、次のように紹介されています。
ある北関東の小さな集落で、家々の壁に描かれた、子供の落書きのような奇妙な絵。その、決して上手ではないが、鮮やかで力強い絵を描き続けている寡黙な男、伊苅(いかり)に、ノンフィクションライターの「私」は取材を試みるが……。彼はなぜ、笑われても笑われても、絵を描き続けるのか?

寂れかけた地方の集落を舞台に、孤独な男の半生と隠された真実が、抑制された硬質な語り口で、伏せたカードをめくるように明らかにされていく。ラストには、言いようのない衝撃と感動が待ち受ける傑作長篇。


物語は5つの章から成っています。「紹介」文を読むとノンフィクションライターの「私」が「男の半生」を明らかにしていく物語だと勘違いするような書き方になっていますが・・・取材で明らかになることはほとんどなく、主人公となる伊苅のことを三人称視点で描いていき、読者にだけ「真実」が明かされるという形式をとっています。

栃木県のある小さな町でのこと。SNS上で家々の壁に描かれている原色の稚拙な絵が話題となり、「観光」客として訪れる人がいるということを知ったノンフィクションライターが取材を始めるところから物語が始まります。

その絵を描いたのは、今は独り暮らしをして学習塾と便利屋をして生計を立てている伊苅。

第1章は家の壁が絵で埋められた町になるまでの経過が描かれています。ここまでは、またまたつまらなそうな話かも、と思いながら読んでいました。

第2章以降で、伊苅がなぜこの小さな町で家の壁に絵を描くようになったかが過去に遡って描かれています。

その過去とは・・・これを書いてしまうと読む楽しみを完璧に奪ってしまうことになりますので・・・詳しいことは省略します。

伊苅の「娘」のことや妻のこと、子ども時代をどう過ごしたのか、大学時代の友人について、勤めていたときのこと、父と母との家庭生活のこと・・・読み進めるにつれて読者は(少なくとも私は)、ノンフィクションライターが知りえなかった主人公の人格形成の過程の一端を知り、主人公に感情移入してしまうのです。

そして、最後に明かされる事実によって大きなショックを受け・・・同時に、伊苅が幼稚な絵を描き続ける本当の理由を知ることとなります。

憎らしいほどの「構成」です。読む価値がある「逸品」です。ご一読あれ・・・
スポンサーサイト
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:3 

頭の体操(MR.BON作)解答+アナグラム=その1=

9月12日の「頭の体操」の解答です。遅くなってしまい、申し訳ありません。

第29問 A群にはある共通の特徴がありますが、B群にはありません。

では横(ヨコ)と縦(タテ)はそれぞれどちらの群に入るでしょう?

A群 ・喉(のど) ・とろ  ・祖父  ・琴   ・コツ 
  
B群 ・首      ・すし ・孫   ・指   ・技

解答
A群のみ喉→農道、とろ→灯籠、祖父→送風、琴→高騰(好投・・・・) コツ→交通 のように長母音に直せるので
「横」は洋行(要項)でA群、「縦」はB群。 

第30問 ヨコに並ぶ3語はいずれもゴ(5)・キュウ(9)・ジュウ(10)で終わる2字熟語です。
たとえば後・球・従だと戦後・選球・専従のように「セン」を頭につけることができます。

では次のような場合の最初に来る音は何か、カナ2字で答えてください。

       5ゴ   9キュウ   10ジュウ 答
 例)    後     球      従   → 「セン」(戦後・選球・専従)
 1)    語     求      汁   → 「  」
 2)    語     久      住   → 「  」
 3)    互     球      縦   → 「  」
 4)    後     求      獣   → 「  」
 5)    護     級      獣   → 「  」
  最後に4の答と5の答を合わせた漢字2字(カナ4文字)の熟語は何でしょう。「   」

解答
1:タン 単語・探求・胆汁 2:エイ 英語・永久・永住 3:ソウ 相互・送球・操縦
4:セイ 生後・請求・成獣 5:カイ 介護・階級・怪獣 
4と5でセイカイ(正解)

第31問 
ア)新聞や雑誌でわざと文字が上下逆さまに印刷されている個所があるのですが、それはどこでしょうか。

イ)表と裏は例えば紙(紙面)だと、ひっくり返さなければ見ることができませんよね。ところがそんなことをしなくても一度に見えるところがあるのですが、それってどんな所でしょうか。

解答
ア:将棋欄です 
イ:野球のスコアボードでは表と裏が一度に見える
アナグラム 
アナグラムとは言葉の綴りの順番を変えて意味の通る言葉を作る遊びです。(例 ダンマケ→ケンダマ)  山本ヒロアキ・作

第1問 1)テツカクウン 2)バンキョコチ 3)スルオタバ 4)マドレビラテ 5)キョウヨクカ

第2問 1)コモリン 2)キリヨリ 3)コイガゴク 4)ルーイヒハ 5)コウスンカバ

第3問 1)リックピオン 2)サバミミカ 3)カワヤケンマ 4)ヨウキテホン 5)ランスグサ
テーマ : クイズ
ジャンル :

Tag:雑感  Trackback:0 comment:3 

「ゆらやみ」

あさのあつこの「ゆらやみ」(新潮社)を読みました。
ゆらやみ
この作家の時代小説を何冊か読みましたが、これほど暗い色彩を帯びた作品は初めてです。

あさのあつこが書く時代小説は葛藤する内面の描写が素晴らしいのですが、「描きすぎ」、「くどい」と感じるようになって・・・しばらく遠ざかっていました。

物語の舞台となるのは、石見銀山。今から10年ほど前に石見銀山遺跡が世界遺産に登録されましたが、私はまだ訪れたことがありません。銀を採掘した坑道(「間歩」まぶ)で働くことの過酷さや羅漢寺のこと、幕末の世の動き、鉱山に隣接して発展した大森の町・・・描かれていることは多岐にわたります。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
石見銀山で育ったお登枝は身寄りもなくまもなく女郎になる。客をとる前夜、お登枝は堪えきれず密かに想いを寄せていた銀掘の伊夫の許へと逃げるが男に後をつけられて―。幕末の石見銀山で出逢った山の神に愛された若き女郎と銀を掘る少年。罪に手を染めても、愛し抜こうとした二人の灼熱恋愛長編。

物語は明治から大正時代までを備前の商人の妻として生き抜いたお登枝が、幕末期に女郎宿「かぐら」で「かぐらのお登枝」として遊女の頂点に立った時代を回想するという形式をとっています。

石見銀山の最盛期は江戸時代初期。幕末期には終焉に向かっており、ただ一軒だけ残った女郎宿「かぐら」は10人前後の「女」を抱え、旅籠商いもしている宿。

銀掘(かなほり)だった六蔵爺はお登枝の母の兄。間歩でお登枝を産み落としてすぐに死んでしまった妹に代わって育ててくれた六蔵爺は、銀掘としては驚くほど長生きでしたが、51歳になった正月明けに世話になっていた「かぐら」の離れで亡くなります。お登枝が10歳のときでした。

「かぐら」の女将、おそのはお登枝が一番高く売れる時期を慎重に計り、一番高く売れる男を物色していました。

「かぐら」で下働きをしていたお登枝が12歳のとき、岩見に住む山主の長男に嫁ぐ「花嫁御寮」を見に行かせてもらったときに撒かれた餅を拾うことができ、大切に持ち帰ろうとしていました。帰り道に少年たちに大事な祝い餅を奪われそうになったところを助けてくれたのが、流れ者で切支丹だった伊夫という少年。

伊夫の父は流れ着いた岩見で銀堀として働き、まだ少年だった伊夫は堀子の使い走りである手子を経て鉱石を運ぶ「柄山負(がらやまおい)」となっていました。その父は六蔵爺が亡くなった後に死んでしまい、伊夫が独りで住む小屋にお登枝は何度か食べ物を届けに行くうちに「恋心」が芽ばえていきます。

一年後、そんなお登枝の初めての客が決まり、おそのに覚悟をさせられるお登枝。相手は大森の豪商で62歳になる大旦那。

お登枝は客をとる前の日に「かぐら」を抜けだし、伊夫を訪ねるのですが・・・前夜、お登枝を買いたいと談判して断られていた与治という男に襲われ、間一髪というときに伊夫が阿修羅の如き形相で・・・与治を殺してしまいます。そして・・・お登枝と伊夫は結ばれます。

この一度きりの夜を支えに、お登枝は辛い「かぐら」での生活に耐えていくのです・・・。

物語はこうして始まるのですが、まだほんの序章に過ぎません。続きを知りたい方はぜひお読み下さい。あさのあつこにしては珍しい性描写がそこここにされている時代小説です。
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:2 

女性の参加者が多かった奈良アコ例会

昨日のことです。

奈良アコーディオン愛好会の第2例会が三笠公民館で行われました。
三笠公民館
最近の例会は女性の参加者が1~3名という日が続いていました。ところが・・・昨日は5名もの参加者が・・・。

愛好会が発足した頃は男性ばかり。しばらくしてSさんという女性が例会に参加されましたが、2枚目のCDを作られた頃から姿を見かけなくなり、その後はまた男性ばかり・・・。

そして、ボタン式アコのSさんとUさん、鍵盤式アコのYさんやジャグリングパフォーマーのトゥインクルちゃんが加わり・・・高年齢の男性陣+お若い女性という時代を経て・・・現在は退職組が圧倒的多数の愛好会となっています。

6月に見学されたSさんが今月から参加される予定でした。もし、その方が来られていたら女性が6名の例会だったのですが・・・残念ながら、欠席。

例会は、「出張演奏」の打ち合わせから始まりました。10月の公民館まつりに加えて、初めて依頼があった国立病院機構奈良医療センターで12月に演奏することとなり、その参加者確認などを行いました。
打ち合わせ
その後、公民館まつりで演奏する合奏曲2曲を練習。
合奏練習
そして、自由練習。
自由練習
自由練習 (2)
最後は、恒例の演奏披露。
独奏1独奏2独奏3
独奏4独奏5独奏7
独奏8オカリナとアコ

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:2 

新任校(旧6年2組)の同窓会

昨日のことです。

私の「教師生活」の出発は、私が生まれ育った豊中市内にある小学校でした。

昨年の8月、40年ほど前に初めて担任したクラスの同窓会を卒業生たちが開催してくれました。3年1組担任のO先生+4年1組と5年2組担任の私+6年2組担任のT先生+卒業生20人=23人が出席し、昼の12時から夜の11時まで・・・まさに「エンドレス」の同窓会となりました。

今年は8月にLINEの「先生グループ」上で9月23日に開催する旨の連絡があり、ずっと23日が来るのを楽しみにしていました。

場所は、神社の境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書いて有名になった「お初天神」(正式には露天神社=つゆのてんじんしゃ=)近くにある○ん○曽根崎店。
会場
少し早く着いてしまい、時間潰しを兼ねて久しぶりにお初天神へ。神社の周りだけではなく境内も記憶にある神社とはずいぶん違ってしまっていました。
お初天神 お初天神 (3) お初天神 (2)
開始時刻の12時少し前に会場へ。幹事の方々とT先生が来られていただけでしたが・・・その後、すぐに人数が増えていき、遅れて来られるO先生以外の全員が揃ったところで、開会。

乾杯前
乾杯前
乾杯後
乾杯後
昨年の同窓会で、40年という人生の半分ほどの長~い年月によって失われかけた記憶の一部がよみがえるとともに、卒業生の「近況報告」等で「その後の一端」を知ることができました。

昨年の同窓会で思い出を語り合っていましたので、今年の同窓会はあまり気遣いなしにリラックス・・・。

出された料理をあらかた食べ終えると、みんな席を移っていき・・・その都度、記念写真を撮る、といった昨年とは少し雰囲気が異なった同窓会となりました。
記念写真1 記念写真3
遅れてO先生が到着。北海道での「研修」を終えて伊丹空港から駆けつけて下さいました。
O先生到着
終了予定時刻の4時が迫り、集合写真を・・・(参加者は確か16人だったと思うのですが、15人しか写っていません??16人というのが間違いなのかも・・・)。
集合写真
元担任の3人だけはこの時点で帰りましたが、卒業生たちは、きっと、たぶん、おそらく二次会へ?
解散
来年も同窓会を開催してくれるようです。2回の同窓会に参加できなかった卒業生に会えることを今から楽しみにしているワタクシであります。
テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

Tag:雑感  Trackback:0 comment:3 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR