「今日を刻む時計 髪結い伊三次捕物余話」

宇江佐真理の「今日を刻む時計 髪結い伊三次捕物余話」(文藝春秋)を読みました。
今日を刻む時計
2年前に亡くなった宇江佐真理にはシリーズ作品が3つありました。「泣きの銀次」シリーズ(全3册)は全て読みました。「古手屋喜十為事覚え」シリーズ(全2册)は第1作だけ。「髪結い伊三次捕物余話」シリーズ(全16册)は今回の作品が2冊目です。

専ら読んでいたのは、シリーズ外作品。たぶん40数册中30数冊は読んだほど宇江佐作品に魅せられてしまったのですが・・・。「髪結い伊三次捕物余話」シリーズでは「さんだらぼっち」を第4作目と知らずに読んでしまい、次からは第1作目から順に読もうとしていたのですが・・・図書館には目当ての本が並んでいなくて、ずっと読まずにいました。

図書館で借りた本を読んでしまい、次に読む本が手許にないと落ち着かない私は妻がたまたま借りていた本作(「9作目」だということで読むのを躊躇ったのですが)を読むことにした次第・・・。

読んでビックリ。「さんだらぼっち」では主人公の伊三次が元芸者の文吉(通称お文)を妻に迎え、新しい命が宿るまでを描いていたのですが・・・10歳となったお吉の話から始まっていたのです。このお吉は「さんだらぼっち」でお文のお腹に宿った「新しい命」=15歳となった伊与太の妹。

つまり、15年もの年月が経ってからの物語でした。

もちろん登場人物たちも年齢を重ね、主人公の伊三次は42歳になっています。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
大火で住み慣れた家を失った伊三次とお文。あれから十年、二人は新たに女の子を授かっていた。そんな二人の目下の悩みは、独身を続ける不破龍之進と絵師になる修業をしている一人息子、伊与太の身の上…。

読み終えて・・・このシリーズはやはり第1作から順に読んでいくべきだと思いました。連作短編集ですので途中から読んでもそれなりに面白いのですが、主人公たちの「過去」を知らないために人情の機微に触れる体験を共有できない読み方となってしまいます。

例えば・・・4作目では不破龍之介という幼名で登場していた龍之進に本作では焦点が当てられているのですが、元服以降の出来事を知らない私には、なぜ龍之進に焦点が当てられているのか???状態で読み進めざるを得ませんでした。

父の不破友之進と伊三次との関係についても同じこと。前作では定廻り同心だったのが、今は息子がその役目に就き、友之進は臨時廻り同心として働き、前作同様、毎朝伊三次に髪結いをさせています。その伊三次は前作では廻り髪結いを生業にしていましたが、飛びでた「梅床」という見世で髪結いの仕事をするようになっています。その経過について簡単に触れられてはいますが、やはり???。

まだこのシリーズをお読みでない方は、ぜひ第1作から順にお読みになることをオススメします。
スポンサーサイト
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

奈良アコ訪問演奏=友舞山陵=

昨日のことです。

「友舞山陵(みささぎ)」というデイサービス施設で訪問演奏(伴奏)を行いました。
有舞山陵
奈良市ボランティアセンターを介して依頼があり、27日(月)・28日(火)と2回連続での訪問でした。奈良アコーディオン愛好会からは両日とも3名が参加。歌伴のスペシャリスト(ヨイショ!)であるIさんだけは2日間通しての参加で、残り2名は1日目がHさんとMさん、2日目がMさんと私。

Mさん宅へ迎えに行き、カーナビに案内させたにもかかわらず・・・道に迷ってしまい、施設に電話して道を尋ね・・・到着してみると、カーナビの案内は間違っておらず、ただ私が施設を一般の集合住宅と勘違いして素通りしてしまっていただけでした・・・。

建物内の部屋に入ると・・・大勢の利用者のみなさんが待っていて下さっていてビックリ。この日は併設されているサービス付き高齢者向け住宅や学園前にある系列の施設からの参加者が加わって27日よりも人数が増えているとのことでした。

まず、スタッフの方から紹介をしていただき、
紹介 壁面飾り
その後は施設の方に用意していただいた13曲の内のほとんどをIさんが伴奏。その合間にMさんと私が歌集にない曲を演奏(伴奏)するというスタイルで進めていきました。
会場内
私は司会進行役として与えられた時間内(2時~3時)に13曲全てを会場全体で歌い、予定していたMさんと私の曲も挟まねば・・・と、欲張って考えていました。時間が余ることも考えて予定にない譜面を持って行っており、これが役に立ってくれました。そして、Mさんも予定外の曲を演奏。
伴奏役
 独奏前mさん 独奏歌える曲 
こうして、3時ピッタリに全ての曲を歌い終え、訪問演奏(伴奏)を終えることができました。
曲紹介の途中でダジャレ好きのIさんに進行をはばまれそうになり(笑)ましたが、カウンターパンチを入れて切り抜けたり、一番お若い入居者の男性と短時間ながらお話をしたり・・・で、あっという間に終了してしまった感じがします。
ダジャレ
奈良アコとしての次回訪問は医療施設での演奏。そちらは歌集なしでの「演奏」だけ。ずいぶん前に松原アコーディオンクラブとして病院へ演奏に行ったことはありますが、経験はその一回だけ。さて、どうなりますことやら・・・。
テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:2 

新・頭の体操(MR.BON作)=その2=

新・頭の体操(MR.BON作)問1・問2の解答です。

問1
①(サ)シンフォニー ②(エ)コンチェルト ③(コ)プレリュード ④(ソ)セレナーデ
⑤(ウ)ノクターン (カ)アリア ⑦(イ)エレジー ⑧(オ)デュエット ⑨(ケ)トリオ
⑩(シ)クワルテット ⑪(キ)クインテット (ア)スケルツォ ⑬(ク)ラプソディ 
⑭(セ)オーケストラ ⑮(ス)レクイエム

問2
①(サ)バイオリン ②(ケ)サキソホン ③(オ)オルゴール ④(コ)ハーモニカ 
⑤(ウ)コントラバス (ア)トロンボーン ⑦(キ)オルガン ⑧(カ)アコーディオン
⑨(エ)トライアングル ⑩(ク)ピアノ ⑪(イ)ギター
今日の問題です。

問3:次の曲名は何でしょうか。~の部分を答えてください。

1 ・~の唄  ・~の花咲く頃  ・~の樹の下で ・~追分 ・~村から
2 ・~のタンゴ ・~を植えよう ・~は憧れ ・~が咲いた ・~色の人生
3 ・~のタンゴ ・~のブルース ・~の朝  ・~船    ・~の一本杉
4 ・~の唄   ・~の声   ・~が来た  ・~よ来い  ・~なのに
5 ・~の吊橋  ・~の人気者 ・~のけむり ・~男の歌  ・~のロザリア
6 ・長崎の~ ・さそり座の~ ・~心の唄  ・大阪の~  ・~心の唄
7 ・おもいで~ ・夢追い~  ・二人でお~を ・北~場  ・悲しい~ 

 1(   )2(   )3(   )4(   )5(   )6(   )7(   )

問4:上(1~7)と下(a~g)を結び、意味のある単語を作ってください。同じものは2度使えません。

1.トチ  2.ウエ  3.マチ  4.サカ  5.ハト  6.ケン  7.コト

a.モリ  b.ダマ  c. ムネ  d. ュウ  e. ワザ  f. ガイ  g. キヤ

1(   )2(   )3(   )4(   )5(   )6(   )7(   )
テーマ : クイズ
ジャンル :

Tag:雑感  Trackback:0 comment:3 

西アコ第1回実行委員会+奈良アコ

昨日のことです。

午前中は大阪市内にある「大阪音楽センター」で「第43回西日本アコ仲間の集い」の第1回実行委員会がありました。
音楽センター
午後に奈良市内で奈良アコーディオン愛好会の例会があるので、やむを得ず車で大阪市内(城東区)へ。大阪マラソン開催のために交通規制されているのを失念していましたが、カーナビのおすすめルートを無視して阪神高速を使わないルートを走ったため、交通規制にかかることなく、定刻前に到着。

2018年の西アコは今年よりも2ヶ月も早く開催せざるを得なくなり(7月7日、8日)、例年に比べて早いペースで実行委員会を開催して行かざるを得ません。

昨日は、レジュメを基に大まかな方向性を話しあい、具体化を次の実行委員会(12月)で行うことを決めて解散となりました。
実行委員会
今回の事務局担当は、関西アコ。広島アコと関西アコ、この2つのサークルの交流会としてスタートして今の形での「西アコ」となった経過を第1回目から参加されている関西アコのIさんから教えていただいたり・・・第43回西アコのプランの決定はできませんでしたが、有意義な実行委員会となりました。

終了後、すぐに奈良へ。途中、短時間で昼食をとり、例会が行われる三笠公民館へ。

訪問演奏の打ち合わせを行ってから新しい合奏曲の練習を少しだけ行い、後は2部屋に分かれて自由練習。残念、というより驚いたのは、前回の例会までお元気そうに見えていたSさんが急に体調を崩されて、手術入院されることを知ったことです。今日と明日の訪問演奏で2日続けて演奏されることになっていたSさん・・・早いご回復を願うばかりです。
2室 (2)
 2室
自由練習後は、いつもの「演奏披露」。昨日の例会は女性5名、男性6名で女性の比率が高い例会となりました。
演奏1 演奏2 演奏3 演奏4 演奏5 演奏6 演奏7 演奏8
昨日は行楽日和だったためでしょう。奈良市から橿原市に帰る道路は車、車、車・・・。1時間10分もかかってようやく「帰還」(笑)。
テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:2 

「スーツアクター探偵の事件簿」

大倉崇裕の「スーツアクター探偵の事件簿」(河出書房新社)を読みました。
スーツアクター探偵の事件簿
大倉崇裕はお気に入り作家の一人ですが、ときどきハズレがあります。

闇のヒーロー、ギーク(オタク)スターが「ファイヤー・レイザー」と呼ばれる放火・爆弾犯や「エンプティ・ハンド」を追いつめたりするハチャメチャ小説「GEEKSTER 秋葉原署捜査一係 九重祐子」や「怪獣小説」の「BLOOD ARM(ブラッドアーム)」など、他の作品との落差があまりにも大きい小説を読んで後悔したことがあります。

本作は上記2作の流れをくんだ作品でした。「ウルトラマンマックス」という番組の第7話と第32話の脚本を手がけるほど「怪獣」や「特撮」大好き作家ですが、できれば趣味の範囲内に収めておいてほしいワタクシであります。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
ひょんなことから、着ぐるみに入って演技する「スーツアクター」としてコンビを組むことになった、樺島雄一郎と太田太一。怪獣映画に夢をかけながらも、とある事故のトラウマから着ぐるみに入れなくなってしまった樺島と、天然ボケにして天性の演技力の持ち主・太田。映画撮影所で次々とおこる事件を、ときにコミカルに、ときにハードボイルドに、相棒同士となった二人が解決する!

「スーツアクター」という言葉があることを初めて知りました。ヒーローものアクションドラマや怪獣ものなどで着ぐるみを着て演技する役者のことだそうです。

主人公の椛島はテレビや映画の「怪獣」専門のスーツアクターを夢見る青年。テレビや映画の仕事はなく、商店街などのマスコット着ぐるみなどのバイトで糊口を凌ぐ生活。

そんな椛島に子どもたち相手の怪獣ショー出演話(ケーブル放送の人気番組)が持ち込まれます。憧れの怪獣役だったため二つ返事で引きうけます。

1回目のショーは、大成功。ところが2回目のイベントのリハーサルで・・・リハが終わりスタッフがいなくなったときに怪獣の着ぐるみを着たままプールに落ちてしまい・・・九死に一生を得たのですが、水を吸って重くなった着ぐるみごとプールから引き上げてくれたのは工事現場で働く太田。

この出来事が縁となり、太田は椛島の住む6畳一間のぼろくて狭いアパートに同居。椛島はプールでの事故がトラウマとなって着ぐるみに入れなくなり、まったくの素人である太田が代役として着ぐるみに入って演技し、椛島はそのサポート役に徹することになります。

太田は身体が大きく、筋肉質で力持ち。ずぶの素人なのにもかかわらず天才的な動きをする希有な存在。

ここまでがこの小説の大前提。

物語は4つの章から成っていて、それぞれの章で椛島は騒動や撮影現場での事件を解決していく(謎を解いていく)立場となってしまいます。

詳しくは書きませんが、事件や騒動は少しずつ複雑に、そして重い内容になっていき・・・こうした描き方にこの作家の筆力を感じるのですが・・・オタク的な内容なので物語の世界に引き込まれるということはありません。

「大倉崇裕」という著者名を見ただけで、内容をまったく確かめもせずに借りたことを後悔しています。
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR