マッチ棒クイズ=その3=

「マッチ棒クイズ=その2=」(MR.BON作)の解答です。

問5
A:20+(-を+に8の左下のタテ1本を移動)19=39(右端0を1本移動)

B:18の右上タテから-を+に移動。20+16=となるので右辺は簡単。
 すなわち30の0から1本移動すれば6に変化するので20+16=36となる。

問6
右辺の3を1本移動し2とし、左辺の8を0とし、その1本を1本を右辺の2の隣に
-記号として移動し 20/10 =2-0 とする。

問7
左辺の8の2本を右辺の3の右隣へ+記号として移動する。右辺の0を1本動かし
9にすれば計3本の移動で12=3+9 と正しい式になる。
前回も書きましたが、
◆+や-、=の大きさや位置が少し変ですが、どれも1辺がマッチ棒1本の長さと同じだと思ってください

◆=の位置が少し変ですが気にしないでください。

問8 2本動かし正しい等式を作ってください。
問5訂正版
問9 下の式(2+0+1-8=3+0)を2本動かすだけで等式を完成させてください。
問8改訂
問10 同じく下の式(2-0-1-8=3-0)を2本動かすだけで等式にしてください。
問9  

次回でこのマッチ棒パズルの最終回になります。次回は最難問ですので、ぜひ今回の問題にチャレンジを!
スポンサーサイト
テーマ : クイズ
ジャンル :

Tag:雑感  Trackback:0 comment:2 

松原アコーディオンクラブ「冬合宿」=その2=

毎年、吉田先生も交流会に参加していただいていますが、風邪気味で体調がすぐれず・・・交流会参加を見合わせていただきました。

青少年野外活動センターは宿泊部屋での飲食、禁止。品行方正な松原アコでゴザイマスからアルコールなどは一切控え、規則を遵守しての交流会でアリマス? 下の写真は「合成」写真でありますル。
交流会
交流会では雑談を交えながら、ほとんどの時間をSさんの「占い」に費やし、全員の生年月日から個々人の性格や気をつけるべきこと等々、まさに当たるも八卦当たらぬも八卦・・・「占い」をネタに大いに盛り上がった交流会となりました。

交流会後、トッショリ軍団にふさわしい出来事がありました。LINE(ライン)に「松原アコグループ」を作っているのですが、招待を受けてもどう参加していいか分からず、ずっと参加していなかったWさんに数人がかりで教え・・・やっとこさ「参加」。

真夜中に顔を突き合わせながら、メッセージやスタンプ、写真を送りあったり、グループ通話をしたり・・・これで「松原アコグループ」参加者は12人になりました(バンザーイ)。デジタル世代から見ると「何してマンネン」のひと言でしょうが・・・

【1月28日】
久しぶりに夜更かしをしましたが、寝覚めはスッキリ。朝食をおいしくいただきました。
朝食
食後に大研修室へ。「発表会」までの時間に少しだけ自主練習。
朝の練習
Aさんが帰る直前に集合写真を撮りました。
集合写真
その後、いよいよ「発表会」。どの久ループ・個人も「満足」とは程遠い演奏になってしまい、後で吉田先生から厳しい指摘が・・・ただ一人、Oさんの演奏だけは練習の成果がよく現れていましたが、それ以外の演奏については全て「喝!」・・・
発表 発表 (2) 発表 (3) 発表 (4) 発表 (5) 発表 (6) 発表 (7) 発表 (8) 発表 (9) 発表 (10)発表 (11) 発表 (12) 発表 (13) 発表 (14) 講評 
その後、合奏練習を少しだけ行って、昼食タイム。
昼食
午前中に使用した大研修室の掃除を行い、机や椅子を元通りに並べ・・・合宿の終了。
片付け
飲み物やお菓子の用意はもちろん、練習計画を立てたり、時間の管理、進行、センターとの調整など、実行委員の見えない「支え」のおかげで無事に冬合宿を終えることが出来ました。
玄関掲示
あとは、本番までの2ヶ月にどれだけ中身の濃い練習が出来るかどうかにかかっています。ほとんど練習らしい練習を家でしてこなかった私ですが・・・吉田先生から珍しい「喝!」が出され、きっと私を含めた全員が気を引き締め直せた機会となったことはまちがいありません。
テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:0 

松原アコーディオンクラブ「冬合宿」=その1=

恒例となった「スプリングコンサート」に向けての冬合宿を今年も信太山青少年野外活動センターで・・・1月27日・28日の1泊2日の日程で行いました。

【1月27日】
朝起きて庭を見ると・・・土の所だけ雪が残っている状態。昨日、寒さのピークは過ぎ、家を出る時点ではほとんど雪が溶けていました。
雪 (2)雪  
午前中、孫が短時間だけ来ていました。人形やブロックで遊んでから、またまた「かくれんぼ」。何度かオニと隠れる役を交代。今回、初めて弟に私が見つかってしまい「オジイチャン、ミツケタ」とうれしそうな顔。いつもは姉の後ろをついて行くだけの弟ですが・・・。
姉 弟
孫がおやつを食べ終え、再び遊んでいると娘(母親)が迎えに来て・・・孫は帰ってしまいました。
おやつ
その後すぐに早めの昼食を取り、出発。

信太山青少年野外活動センターの駐車場には先着したクラブ員の車がすでに数台・・・。
信太山青少年野外活動センター
1時からセンター職員による「オリエンテーション」があり、注意事項を何点か・・・。ずっと冬合宿先として使用していますが、一応(笑)説明を受けてからしかこの施設を利用することが出来ません。
オリエンテーション
夕食までの時間帯と夕食後の合奏練習が始まるまでは小・中・大の研修室や宿泊棟の和室を使って、吉田先生のレッスンを受けたり、各自or各グループごとに冬合宿実行委員さんが作って下さった時間割に沿って練習を行います。
吉田レッスン 吉田レッスン (2) 吉田レッスン (3)自主レッスン中研修室 練習中研修室 夕食後大研修室
夕食は、食堂で。このセンターの使用料は安い!!!のがイチバンの魅力。それなのに食事は豪華で味も抜群!!!・・・と言いたいのですが・・・ムニョムニョムニョ
夕食 夕食 (2)
夕食後、「吉田レッスン」の再開。すべてのレッスンを終えて、合奏練習。
夕食後合奏
1日目だけしか練習に参加できないAさんの独奏曲とAさんがメンバーとなっている重奏曲を「発表」して、この日のレッスンを終えました。
A独奏 A重奏 A重奏 (2) A重奏 (3)
その後は和室に移動し、交流会。

続きは、明日のブログにて。
テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:0 

第28回スプリングコンサート

毎春開催している松原アコーディオンクラブのスプリングコンサートまで、あと2ヶ月と迫ってきました。

早いもので今回のスプリングコンサートは第28回目です。私が入会する以前のことはよく知りませんが、昔は地域の公民館をお借りしてコンサートを行っていました。その地域の葬儀場として使われることもあり、もしお通夜や告別式などがあれば中止するという条件でお借りしていました(幸い、葬儀による中止はありませんでした)。

ある時期から松原駅前にあるゆめニティプラザの多目的ホールをずっとコンサート会場としています。

このブログを訪問していただいたみなさま! もしご都合がよければお越し下さい。交通費は自腹を切っていただかねばなりません(笑)が、コンサート会場への入場は無料です。これがイチバン大事なこと(笑)。ハチャメチャ演奏でも文句なし!でアリマス・・・もちろん冗談ですが・・・
松原アコーディオンクラブ
第28回スプリングコンサート

とき:2018年3月25日(日)1時開場 1時半開演

ところ:ゆめニティプラザ多目的ホール
近鉄南大阪線河内松原駅前
ゆめニティまつばら3階
アクセス(ゆめニティ)
演奏曲

【合奏】
「シンコペイティッドクロック」「薔薇色のメヌエット」

【重奏】
「恋のバカンス」「G線上のアリア」「ウルトラマンの歌(初代)・鉄腕アトム」
「小さな竹の橋」「メヌエット(ベートーベン)」「明日に架ける橋」など

【独奏】
「リベルタンゴ」「夕焼け小焼け変奏曲」「コンドルは飛んでいく」
「メキシカンハットダンス」「愛の讃歌」「レッツダンスザポルカ」など

【講師演奏】
吉田親家

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Tag:アコーディオン  Trackback:0 comment:0 

「物件探偵」

乾くるみの「物件探偵」(新潮社)を読みました。
物件探偵
おそらくこの作家の小説を読んだのは、初めて。

名前から女性作家だと思い込んでいましたが・・・ネット上の顔写真を見ると・・・髭面のオジサンでありました。「市川尚吾」名義でミステリ評論家としても活動しているそうです。

「田町9分1DKの謎」「小岩20分一棟売りアパートの謎」「浅草橋5分ワンルームの謎」「北千住3分1Kアパートの謎」「表参道5分1Kの謎」「池袋5分1DKの謎」という6編が収められています。

各編の冒頭には間取り図付きの物件情報が載せられていて、この点だけは斬新な趣向だと感じたのですが・・・探偵役として登場する人物の不自然さがこの推理小説の最大の欠点。読んだこと自体を後悔させられ・・・このブログで紹介することを止めようと思ったほど・・・。

新潮社のHPには、次のように紹介されています。
利回り12%の老朽マンション!? ひとりでに録画がスタートする怪現象アパート? 新幹線の座席が残置された部屋?? ――そんなアヤシイ物件の謎、解けますか? 『イニシエーション・ラブ』で日本中をまんまと騙した作家が、不動産に絶対欺されないコツを教えます。大家さんも間取りウォッチャーも興奮の超実用的ミステリ!

探偵役は不動尊子(ふどうたかこ)。各編の途中から突然、何の関係もないにも関わらず、怪しい物件に悩む人物の前に登場。「・・・決して怪しい者ではございません。・・・」と言って宅建の認定証を胸ポケットから取りだし、「・・・幼い頃から《不動さん》と呼ばれて育ったのも何かの縁と・・・宅建の資格を取ったのが15歳、中学3年のときでした。・・・大学では法律を学び、卒業後は希望通りに不動産屋に就職しました。しかし多くの物件を扱っていく中で、だんだんと、物件の声が聞こえるようになってきたのです・・・」とお決まりの台詞。

==ホーッホッホッ、わたしは喪黒福造、人呼んで"笑ゥせぇるすまん"==お金は一銭もいただきません。 私のお手伝いで、お客様が満足されたらそれが何よりの報酬でございます。==

昔流行った「笑ゥせぇるすまん」 のことを思い出してしまいました。この不動尊子は謎解きをするのですが、無報酬。突然現れて・・・去っていく。この不自然な「物件探偵」の正体が読み進めるうちに明らかにされるのだろうと思っていたのですが・・・最後の「池袋5分1DKの謎」で不動尊子の「師匠」が登場し、少し来歴が明かされるだけ。

昨年(2017年)発行された本ですので、もしかするとシリーズ化されて少しずつ不動尊子という人物の全体像が明らかになっていくのかも?

評価できることは・・・不動産の借り手、持ち主が抱える何らかのトラブルを解決するのに必要な不動産についての基礎知識や不動産業界の裏話が簡潔に説明されていること。

ミステリとしては・・・読むに値しません。
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR