1泊2日で信州へ=その1=

5月5日と6日に1泊2日で長野県へ。
平川の鯉のぼり
ルートは1昨年と同じく京奈和道=西名阪=名阪国道=東名阪=伊勢湾岸道=東海環状道=中央道=長野道という新しいルート。

異なったのは主な観光地だけでした。今回は過去2回訪れた安曇野ちひろ美術館と昨年、安曇野ちひろ公園内に誕生した「トットちゃん広場」を主な目的地としました。
安曇野ちひろ公園 トットちゃん広場
もちろん、湿原に咲く春の植物が楽しめる姫川源流自然探勝園と親海湿原(およみしつげん)、落倉自然園にも立ち寄りました。

宿泊は長野県へ行くときによく利用するペンション「ドレミの森」。学生時代の先輩が経営するペンションで、冬は白馬乗鞍温泉スキー場の宿として、春から夏は信州観光の拠点として(松原アコーディオンクラブの夏合宿地としたこともあります)何度も宿泊しているペンションです。
ペンション
今日は湿原で見つけた花をご紹介し、その他のことは明日のブログに書くことにします。

長野県北安曇郡白馬村にある「姫川源流自然探勝園」。姫川(新潟県糸魚川市の河口から日本海へ)はここの涌き水を源としていて、国道沿いに大きな河川の源流を見ることができる珍しい場所です。
姫川源流自然探勝園
2年前の4月末に訪れたときは残雪が多くて歩くのに難儀させられましたが、今回はすっかり雪が溶けていました。
姫川源流
2年前には見つけられずにガッカリさせられたカタクリ(片栗)がたくさん咲いていました。
姫川源流のカタクリ
ミズバショウ(水芭蕉)は成長しすぎてほとんどは見頃を過ぎていました。
姫川源流ミズバショウ
ニリンソウ(二輪草)
姫川源流ニリンソウ
キクザキイチゲ(菊咲一花)
姫川源流のキクザキイチゲ 姫川源流のキクザキイチゲ (2)
ヒトリシズカ(一人静)
姫川源流のヒトリシズカ(一人静)
フクジュソウ(福寿草)
姫川源流のフクジュソウ(福寿草)
ヤマエンゴサク(山延胡索)
姫川源流のヤマエンゴサク(山延胡索)
スミレ(菫)
姫川源流のスミレ
2年前、すぐ近くにある「親海湿原(およみしつげん)」には雪のために行くのを諦めましたが、今回は残雪が日陰に少し残るだけでぐるっと一周しました。
親海湿原 (2)
遠目には何も咲くものがないように見え、訪れる人はほとんどなかったのですが・・・
親海湿原 親海湿原残雪
アズマイチゲ(東一華)
親海湿原のアズマイチゲ
ネコノメソウ(猫の目草)
親海湿原のネコノメソウ(猫の目草)
フッキソウ(富貴草)
親海湿原フッキソウ(富貴草)
ミツガシワ(三槲)
親海湿原ミツガシワ
スミレ(菫)
親海湿原スミレ
北安曇郡白馬村の栂池スキー場の近くにある「落倉自然園」も雪に道を阻まれることなく木道を歩くことができました。
落倉自然園
ミズバショウ
落倉自然園ミズバショウ
ザゼンソウ(座禅草)
落倉自然園ザゼンソウ
ショウジョウバカマ(猩猩袴)
落倉自然園ショウジョウバカマ
リュウキンカ(立金花)
落倉自然園リュウキンカ(立金花) 
スポンサーサイト
テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR