1泊2日で信州へ=その2=

1日目は晴天で気分よく景色を楽しみながら走り、2日目はときどき雨が降る悪天候のためひたすら運転するのみ・・・。運転しながらよく目に飛び込んできたのは桜や山桃、藤、桐、リンゴなどの花。そして雄大な北アルプスとのどかな田園。

途中、SAやPAに寄って休憩を何度かとりました。中央自動車道の駒ヶ岳SAからは南アルプスの甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・北岳・間ノ岳がきれいに見えていました(頭だけですが)。
甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・北岳・間ノ岳
ここ以外で見える山々は北アルプス。車を止めて写真を撮ったのは・・・鯉のぼりを川に渡した平川(4時ごろ)と訪れる度に撮っている松川(4時15分頃)。
平川の鯉のぼり・北アルプス 松川・北アルプス
今回の旅行の第1目的地である松川村の安曇野ちひろ美術館に到着したのが12時半頃。
安曇野ちひろ公園到着 美術館へ
大勢の人が鑑賞に来ていて、受付には列ができていました。
受付
絵本カフェやショップにも大勢の人が・・・。
絵本カフェ ショップ
3度目の訪問ですが、訪れる度に印象が異なります。展示の仕方も変わっていて何度訪れても心が癒され・・・また信州に行くことがあればきっと訪れることになるでしょう?

館内の展示は撮影禁止ですが、開館20周年記念の「高畑勲がつくるちひろ展」だけは撮影OKでした。4点の拡大されたちひろの絵だけ写すことができました。
拡大展示(高畑勲企画) 拡大展示(高畑勲企画) (2)
裏口から出て、安曇野ちひろ公園の北側エリアへ。まず目に飛び込んできたのは、パンジーでちひろの絵を再現した花壇。近くに全体を見ることができる高い場所がないので少しガッカリ(もったいない!)。
パンジーの絵 パンジーの絵 (2)
そして、昨年オープンした「トットちゃん広場」へ。ちひろ美術館館長の黒柳徹子が小学生時代のことを綴った「窓際のトットちゃん」が出版されたのが36年前。いわさきちひろの絵を使って絵本版が出版されたのが3年前。この広場にはトットちゃんが通ったトモエ学園の電車の教室が再現されたり、
電車 運転室 デハニ電車の図書室 デハニ電車の教室
トモエ学園の様子を紹介する「トモエの講堂」などがあり、大勢の人々が訪れていました。講堂では大きな鯉のぼり作りが行われていました。
トモエの講堂 トモエの講堂・大きな鯉のぼり作り
安曇野ちひろ公園にはこの他に体験交流館や道祖神などが・・・。
体験交流館 道祖神
ちひろ美術館に再入館し、ミュージアムショップで孫(姉)のためにちひろのTシャツなどを買って、公園を後にしました。

その後、昨日のブログに載せた自然園などに寄り、ペンションに着いたのが5時過ぎ。
ペンションドレミの森
妻が温泉に行く間にペンションの近くを散歩。ペンションには初めて見る西洋カタクリが咲き、チューリップが開花寸前。クリスマスローズは見頃となっていました。
西洋カタクリ チューリップ クリスマスローズ
散歩していると道中でよく見たスイセンやシバザクラ、フキの花がたくさん・・・。
スイセン 芝桜 フキの花
スキー場の近くにはミズバショウやツクシなどが・・・。
スキー場 ミズバショウ ツクシ
ペンション「ドレミの森」はその名の通り楽器がたくさんあり、ずいぶん前に私が持ってきたアコーディオンもあります(エア漏れがあるうえに調律も必要で、試し弾きしてすぐに弾くのを諦めました)。
楽器 楽器 (2)
フレンチのコース料理を堪能し、夜はオーナーのギター伴奏で「歌う会」。日付が変わるまで続き・・・オヤスミナサイ。
歌う会
2日目は雨が降ったり止んだりで、どこにも寄らず・・・4時過ぎに我が家へ無事、帰宅。
スポンサーサイト
テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR