御所市にある高天山草園へ=その2=

毎年、この山草園へ行くと写真愛好家が熱心に花や野鳥を撮る姿に出くわします。中には(遊歩道に三脚を置くなど)通行の妨げになる場所に陣取っているマナー違反のカメラマンもいます。今年は・・・気持ちよく散策することができました。
山草園カメラマン 山草園カメラマン (2)
この山草園は単なる杉林だった山の一部を地元の方が個人で少しずつ整備された場所なので、上を見れば杉の間から空を見上げることになります。
杉木立
花が咲いている場所は、もちろん杉木立の中。
杉木立 (2) 山草園 杉木立にあるエビネ
手作りのベンチや木彫りのオブジェがあちこちに設置されています(昨年よりもベンチが増えていました)。
山草園 ベンチ 山草園 木彫りのオブジェ
昨日のブログで紹介できなかった花(昨年までのブログに載せたことがあるもの)をご覧下さい。

浦島草(ウラシマソウ) 黄梅(オウバイ)
浦島草(ウラシマソウ) 黄梅(オウバイ)
花筏(ハナイカダ)
花筏(ハナイカダ) (2) 花筏(ハナイカダ)
銀蘭(ギンラン) 空木(ウツギ)
銀蘭(ギンラン) 空木(ウツギ)
黒花蠟梅(クロバナロウバイ) 十二単(ジュウニヒトエ)
黒花蠟梅(クロバナロウバイ 十二単(ジュウニヒトエ)
石楠花(シャクナゲ)
石楠花 (2) 石楠花 (3)
雪餅草(ユキモチソウ) 鯛釣り草(タイツリソウ)
雪餅草(ユキモチソウ) 鯛釣り草(タイツリソウ)
都忘れ(ミヤコワスレ)
都忘れ(ミヤコワスレ) (2) 都忘れ(ミヤコワスレ)
藤(フジ) 日本桜草(サクラソウ)
藤(フジ) 日本桜草(サクラソウ)
白雪芥子(シラユキゲシ) 斑入り甘野老(アマドコロ)
白雪芥子(シラユキゲシ) 斑入り甘野老(アマドコロ)
斑入り沈丁(ジンチョウ) 武蔵鐙(ムサシアブミ)
斑入り沈丁(ジンチョウ) 武蔵鐙(ムサシアブミ)
鳴子百合(ナルコユリ) 蝮草(マムシグサ)
鳴子百合(ナルコユリ) 蝮草(マムシグサ)
ピンクと白の鈴蘭(スズラン)
鈴蘭(スズラン) 鈴蘭(スズラン) (2)
同じ御所市内にある高鴨神社にも行きました。江戸時代から品種改良が行われてきた純日本産の古典園芸植物「日本さくらそう」は現在500種ほどあるそうですが、そのほとんどを保存栽培していることで有名な神社です。
高鴨神社
百数十種の桜草が展示されていました。残念ながら撮影禁止ですので・・・写真はありません。
スポンサーサイト
テーマ : 花の写真日記
ジャンル : 日記

Tag:見聞記  Trackback:0 comment:2 

Comment

MR.BON URL|
#- 2017.05.12 Fri22:57
昨日のコメントでブログ主さんはやっぱり心の底から拙著の購入を望んで
おられたようでんな。(ン?だいぶ苦しんでおられたようですって?)
そんなことは決しておへん、とニラんだワタイはかなり読解力が落ちておるのカモ。
 
 今日も当ブログにはたくさんのお花が紹介されとりましたナ。
白雪芥子(シラユキゲシ)や甘野老(アマドコロ)を、そそっかしい人は「シラ雪景色」とか「あんまどころ」と読むかもしれまへんでえ。なにしろ「マミーキッス」を「ミッキーマウス」と読んだお人がいてはりましたさかい。
(えっ、誰かって。それは本人の名誉のために伏せときます。)
 名前といえば「ユキモチソウ」や「タイツリソウ」はおいしくて食べたそうになる名前だんなぁ。
 また「スズラン」や「ハナイカダ」「ジュウニヒトエ」などは名前が優雅であるだけでなく、姿かたちもナカナカのもんどすなあ。
 そこへいくってえと「蝮草」(マムシソウ)なんてえのはどうでっしゃろ。
本人(本草?)に口があったら絶対モンクの一つも出まっしゃろなあ。

 さて今日はワタイの生まれ故郷である三重の田舎で地域の老人総会があり、実姉の取り持ちで午後のアトラクションとして、ワタイが進行を任された歌声会が初めて企画されました。そのために昨日から泊まりがけで行ってきました。
 司会者様曰く「故郷に錦を飾るべくおいでくださった〇〇さんの特別出演です」やて。コソバかったなあ。
 更に、会場に用意されていた白板には姉が「〇〇ちゃん(ワタイの名)in 森」(森というのんは旧の村の名前)とイラストと共に描いたのが用意されており、これまた司会者様によると「うるわしい姉弟=キョウダイ愛が感じとれます」と紹介され、二人とも思わずテレまくりました。
 ワタイより年下の人はほんの4~5人で残り50人程は皆年上でしたが、皆大層喜ばれて、生き生きと歌ってくださり、大成功でした。
 そんなトッショリ(年寄り)の方は、ワタイの父の教え子が多かったらしく(明治生まれだった父は20寝ん以上前に亡くなっているのに「△△ 〇太郎先生の次男さんです」と司会者様より、地元ならではのちょっと変わった紹介もされました。
(やっぱ、ニシキを飾れたのでしょうかいな?)
 
キク URL|MR.BONさんへ
#- 2017.05.13 Sat11:03
このブログでも「ノースポール」のことを「スノーポール」と間違って書いたことがあります。
名前を覚えるのが苦手な私は、今でも妻にその都度名前を聞き、妻にも分からないときはネットで探しています。
さすが、BON先生です。生まれ故郷である三重の田舎で「歌声会」を任せられるとは・・・。
高級住宅地(の中にあるおんぼろの家でしたが)、豊中のBONBONである私には考えられないことであります。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR