「怪しい店」

有栖川有栖の「怪しい店」(角川書店)を読みました。
怪しい店
いわゆる「作家アリスシリーズ」の中では初めてオススメできる作品に出会いました。

「古物の魔」「燈火堂の奇禍」「ショーウィンドウを砕く」「潮騒理髪店」「怪しい店」という6編が収められた短編集です。「あとがき」によれば、〈店〉を題材にしたミステリでまとめた短編集で、〈宿〉にまつわるミステリをまとめた「暗い宿」という短編集の姉妹編と言えるものだそうです。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
骨董品店で起きた店主殺人事件、偏屈な古書店主を襲った思いがけない災難、芸能プロダクションの社長が挑んだ完全犯罪、火村が訪れた海辺の理髪店でのある出来事、悩みを聞いてくれる店“みみや”での殺人事件。「どうぞお入りください」と招かれて、時には悪意すら入り込む。日常の異空間「店」を舞台に、火村英生と有栖川有栖の最強バディの推理が冴える。極上ミステリ集。

あまり繁盛していない商店街の外れにある骨董店「あわしま」の店主が殺され、押入に押し込まれているのが発見された事件を扱った「古物の魔」。

古本屋の「燈火堂」は偏屈な主人が自らの蔵書だけを売る古書店で、大手精密機器メーカーを早期退職して退職金で始めた店。客に対して「その本が本当に必要かどうか、十日間考えてからまたこい」と言い、十日を過ぎなければ売ることをしない変わり者。その店主が何者かに突き飛ばされて怪我を負うという事件を扱った「燈火堂の奇禍」。

繁華街から大きく外れた抜け路地の中ほどに、人の話を聴くだけの店「みみや」があり、その店の女性店主が殺された事件を扱った「怪しい店」。

以上3編はオススメに値しない短編でした。

オモシロイと思ったのは残る2編。

潰れる寸前の芸能プロダクションの社長が恋人を殺害。物語の語り手は、犯人である社長自身です。完璧な計画を立てて恋人を殺したつもりが・・・アリスとコンビを組んでいる火村准教授に追いつめられていく心境が語られる物語である「ショーウィンドウを砕く」。

有栖川の視点で描いた物語が多い中にあって、犯人視点で描いた本編は光っていました。犯人の感情の歪みがていねいに描かれています。火村の仕掛けたワナは単純なもので、そのことが書かれている個所で私にもそれがワナだと分かるぐらいのもの。

もう一つの「潮騒理髪店」では何も「事件」は起こりません。謎として登場するのはいたずら電話とある女性が岬で特急列車にハンカチを振った(ように見えた)理由。

火村准教授がたまたま旅先で立ち寄った理髪店は翌日から廃業する店。その店の最後の客となった火村が旅先で出会った「謎」を有栖川に話し、それを有栖川が語るという形式です。

「作家アリスシリーズ」には期待していなかった情緒溢れる内容に、こんな作品も書く作家だったことを初めて知ることとなりました。
スポンサーサイト
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR