「ハゲタカ外伝 スパイラル」

真山仁の「ハゲタカ外伝 スパイラル」(ダイヤモンド社)を読みました。
ハゲタカ外伝スパイラル
真山仁を有名にした「ハゲタカ」シリーズのスピンオフ作品です。実は・・・本体の「ハゲタカ」シリーズをまだ読んでいません。読んだことがあるのは「ベイジン」や「プライド」、「そして、星の輝く夜がくる」(これが一番のオススメです)、「雨に泣いてる」、「海は見えるか」・・・。

本体を読まずにスピンオフだけを読んだ理由は・・・退職して以降、小説だけはほとんど図書館で借りて読んでいます。前回借りた本の中に既読の本があり(よくヤラカスのです)、妻が借りていた本しか読むものがなく、妻に訊くと本体を読んでいなくてもOKだとのこと。それで、こういう変な読み方をしてしまったのです。

「ハゲタカ」シリーズを読んでから本作を読んだ方からは、「邪道ジャドー!」「本当のオモシロサが分からない!」と言われそうです。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
2007年9月、東大阪の中小メーカーマジテック創業者にして天才発明家の藤村登喜男が急逝する。通称“博士”の彼こそ、芝野健夫に事業再生家として歩むきっかけを与えた恩人だった。芝野はマジテックを救うべく、大手電機メーカー・曙電機から転じて奮闘する。しかし、後継者問題やクライアントからの締め付けなど、ものづくりニッポンを下支えする町工場に降りかかる難題と、自己の利益を優先する金融機関の論理に翻弄され、苦境の渦に飲み込まれていく。再生浮上のきっかけをつかんだと思った矢先、リーマンショックが発生。想定外の余波に襲われ、絶体絶命のピンチに陥る。捨て身の最終戦を前にして、鷲津をも巻き込んで、芝野は決死の反撃を決断する―。『ハゲタカ』シリーズ本編の裏に秘められてきたストーリー。

プロローグと8つの章、エピローグから成っています。このうちプロローグで描かれているのは、1986年に芝野が「なにわのエジソン社」の藤村に会う場面、1986年に鷲津が藤村から100万円の投資を受ける場面、1997年に三葉銀行の村尾が不正を暴かれて芝野たちに辞職させられる場面・・・これらは「ハゲタカ」シリーズを読んでいない私には???でした。

第1章から8章まで、そしてエピローグだけはソレナリニ理解できました。

三葉銀行でCRO(最高事業再構築責任者)兼専務だった芝野が円満退社し、東大阪市にあるマジテックの専務となります。マジテックは天才発明家・藤村が起こした会社でしたが、藤村の急死によって危機に直面していました。

物語は芝野が専務となった2007年から2008年までの2年間を描いています。芝野の奮闘もあり、マジテックは再生の道を歩み出すのですが・・・

三葉銀行を辞めさせられたことを逆恨みする村尾による妨害工作や外資系のハゲタカファンドによる買収工作により窮地に陥っていく芝野とマジテック。

ネタバレになりますが、最後にはマジテックは買収されてしまいます。しかし、負けはしましたがマジテックが最も大切にしていたものは守られ、どんでん返しで物語が終わります。

物語で描かれているのは買収工作との戦いではなく、日本を支えている中小零細企業の存在。中小零細企業こそ日本の「宝」だという視点が貫かれています。日本経済の構造的問題を鋭く描いた物語でもあります。

できれば、私のような読み方ではなく「ハゲタカ」シリーズを読んでから本作を読まれることをオススメします。
FC2ブログの編集が突然おかしくなり、写真を挿入しようとすると記事本文が消え・・・また一から書き始め・・・再び写真を入れようとすると記事が消え・・・これを繰り返し・・・写真を入れることを諦めました。4時半には書き終えていたブログですが、こんなことがあってアップが1時間も遅れてしまいました。

ドナイナッテマンネン、FC2ハン
スポンサーサイト
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR