「千両かんばん」

山本一力の「千両かんばん」(新潮社)を読みました。
千両かんばん
この作家は私の「お気に入り」作家なのですが、たま~~にハズレがあります。多くの作品は情景描写や人物描写に優れ、構成もしっかりしています。ところが・・・今回の作品は山本一力に似せてゴーストライターが書いたようなお粗末なものでした。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
秘伝の継承を目前にして親方に死なれ、弟弟子には先を越され、鬱屈した日々を過ごす看板職人・武市のもとへ大店から依頼が舞い込んだ。「目新しい趣向を」との注文に途方に暮れる武市。が、不意に閃いた前代未聞の看板思案に、職人の血が沸き返る。依頼主は猛反対、協力を仰いだ棟梁には激怒され、それでも―江戸っ子の度肝を抜く仕事、やるのは俺だ!痛快無比の時代長編。

主人公となるのは飾り行灯の職人、武市。武市がハイハイもできない頃に両親を火事で亡くし、長屋の女房たちの手で育てられた武市。6歳のとき、仲間内から「緋色の六造」の二つ名で呼ばれる飾り行灯職人の六造に引き取られ、9歳から見習い小僧となった武市。

六造の名が江戸の隅々にまで通ることになったのは、紅花の汁を使った緋色の看板がきっかけ。緋色の汁の作り方は、六造が独自に編み出した秘宝で、六造から「おれの緋色を継ぐのはおめえだ」と言われていたにもかかわらず・・・20代半ばになった頃に六造が急死。

武市を疎んじていた六造の女房は廃業を言いだし、武市を跡取りとすることをかたくなに拒み、武市は独立して裏店に移ります。

さらに武市を「不幸」が襲います。六造の女房は六造が書き残していた紅花絞りの技法を弟弟子の祐三という職人に見せてしまったのです。

物語は、武市が緋色の技法をどうやって身に付けていくかが焦点になるはずでした。が、いつのまにか焦点がぼけ始め、乾物問屋大木屋の屋根に猪牙舟を乗せるまでの苦労話になっていってしまうのです。

もちろん、猪牙舟の舳先に据える行灯には緋色を使った梅鉢の紋があしらわれるのですが・・・武市がどのようにして緋色の紋を作ったのかにはほとんど言及されません。後半部は猪牙舟にまつわるエピソードが満載で、「緋色」は完全に後景へと退けられてしまいます。

市井に生きる人々の人情が山本一力らしく描かれてはいますが・・・前半部で力点を置いていた「緋色」作りが途中から消え、猪牙舟の話(これだけを取り出すと面白いのですが)に変化させた理由がサッパリ分かりません。

そしてもう一つ・・・山本一力は「章」のお終いに登場人物とは直接関係のない情景描写を巧みに入れる作家ですが、本作では無駄に多用しすぎています。

・・・都鳥のつがいが、海辺橋の真上で啼いた。・・・庭の遠くで、鹿威しがスコーンと鳴った。・・・空の高いところで、星が流れた。・・・帳場のネコが、大きなあくびをした。・・・猫が、不思議そうな目で聡助を見つめていた。・・・大型のボラがバシャッと跳ねて、武市に応えた。・・・風鈴は優しい音色を奏でた。・・・猫の鳴き声が聞こえてきた。・・・雨音が屋根を叩いて武市を褒めていた。これ以外にも、まだまだあります。効果的な描写とは言えない多用ぶり。

ナントモお粗末な時代小説でした。

スポンサーサイト
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:2 

Comment

くま女房 URL|
#- 2017.10.04 Wed17:10
ハズレ、だったのですね。今日は私も図書館の日でした。東大阪の図書館と大阪市の図書館を併用して使っています。ハードカバーや、写真のたくさんある実用書→主に料理関係。雑誌、は東大阪で。いわゆる大阪学的な本や、好きな作家の文庫本は大阪市の図書館で。今日は、シーズンに1度レッスンをお願いしているピラティスの個人レッスンを上本町で受け、その後、東成図書館へ。地元の用事を済ませ、現在、パソコン前。です。
キク URL|くま女房さんへ
#- 2017.10.04 Wed17:28
ハズレではなく、大ハズレでした(笑)。
ある季刊誌に連載されていたようで、何年もかけて創作されたことがハズレ作品となった原因かも?

(ピラティスってよく知りませんでしたのでネット検索しました。身体によさそうですね。)

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR