FC2ブログ

実家の両親

豊中の実家で二人暮らしをしている両親(父90歳、母87歳)のことは、このブログにほとんど書いてきませんでした。

2017年が終わる今日、1年のことを振り返ってアコーディオンのことや孫のことなどを書こうと思ったのですが、あまり触れたくなかった両親のことを外すことが出来ず・・・書ける範囲で書いておこうと思い、いい思い出はカットすることにしました。

父が入退院を繰り返していることをブログに2,3度?書いた記憶があります。

2015年の春までは実家の両親は元気で、趣味やボランティア活動などに二人して打ちこんでいました。私自身の目標となるような、年齢を感じさせない両親の生活ぶりには感心させられっぱなし。

同居していた妻の両親は8年ほど前にそろって体調が悪くなり、義父母の介護のために妻と同時に早期退職せざるを得なかった私ですから・・・亡くなった義父母と実家の両親をついくらべてみてしまう、そんなおかしな「余裕?」すらありました。

が、2015年の春以降に父が入退院を繰り返すようになってからは、そんな変な「余裕」はなくなりました。

2015年に4回の手術入院、2016年には3回の手術入院と1回の手術を伴わない入院。そして今年、2017年は1回の手術入院と2回の手術を伴わない入院。

入院をしていない期間にも通常の診察や検査があり、兄弟の中で自由に動ける(無職の)私がその都度付き添うという生活が続きました。

今年3月に最後の手術を行って以降、幸いなことに検査でひっかからずに手術の必要がない状態が続きましたが・・・6月に別の診療科で入院し、12月に再入院。退院は年を越すかもしれないといわれていましたが、29日に退院することが出来ました。

秋以降、父の体力・気力は急激に衰え、それまで日課のようにしていた「散歩」をしなくなり、食欲もなくなり・・・この「食べることが出来ない」原因を探るための入院でした。結局、食べることが出来るようにはならず、栄養補助飲料で栄養を補う生活となりました。

入院の時点で、医師から要介護認定を受けて退院後に介護サービスを受けることが出来るように準備をした方がいいとアドバイスされ、母のことも気になっていましたので両親とも要介護認定の再申請を行うことにしました。

両親とも「要支援」ではなく「要介護1か2」となる可能性が大きいようです。ケアマネージャーもほぼ決まりかけていて、1月初旬には決定する予定。あとは認定を受けてからどんな介護サービスを受けるかという難しい選択(両親ともサービスを受けることに強い抵抗感があるのです)が待っているだけ・・・。

母は今のところ入院の心配はないのですが、父は・・・その可能性が常にある状態。先が見通せない、ということが一番のネック。

今、考えても仕方がないことですが・・・近い将来、両親を我が家にひきとるか、私たちが豊中に住むかを選択しなければならなくなるかも・・・母を知り合いが多い地元から切り離すのはよくないし、私たちが移るにしてもマイナス面が多すぎるし・・・?????状態。

それと・・・・・・、グチっぽくなってきましたので・・・ここまで。

今まで通り、「なるようになる」、と鷹揚に構えるのが一番かも。
スポンサーサイト
テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Tag:雑感  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR