FC2ブログ

「砂丘の蛙」

柴田哲孝の「砂丘の蛙」(光文社)を読みました。
砂丘の蛙
昨年、「狸汁 銀次と町子の人情艶話」を読んで・・・ガッカリ。もう読まないでおこうと思っていたのですが、書名と表紙の絵に惹かれて、つい借りてしまいました。

女性を性の対象としか見ないような「人情艶話」の女性観にウンザリさせられたにもかかわらず、また同じ作家の作品を読んでしまったことを後悔するかもと思いながら読み始めたのですが・・・可もなく不可もなく、といったところです。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
殺人の罪で逮捕・投獄され、満期出所したばかりの男が、何者かに殺害された。直後、9年前に男を逮捕した刑事・片倉康孝もまた、何者かに襲撃されて…。片倉康孝と若きホープに成長した柳井淳が、不可解な事件を追う!『黄昏の光と影』に続く第二弾!!

主人公は、停年が近く、刑事課に配属されたばかりの新人指導員として現場に出る機会が増えたにも関わらず、当たり前だった「残業」などはなくなり、刑事としての職務が激減した片倉警部補。

警察小説でよくある、忙しさにより家庭が崩壊して離婚・・・この主人公も同じ道をたどってきました。が、今は全く違う生活。

そんな片倉がかつて逮捕し、9年間の服役を終えて千葉刑務所から出所したばかりの崎津という男が遠い神戸で刺殺され、海に捨てられたという一報が入るところから物語が始まります。

その事件が起きてすぐに、片倉が同じ犯人と思われる男に刺され、重傷を負います。

病院を強引に「退院」した片倉は自分自身が被害者となったこの事件の捜査からは当然外されるのですが、かつて指導した部下である柳井らとこの2つの事件を追い、神戸へ。

そして、どうやらこの事件の背景、カギは鳥取や島根にあることを突き止め・・・以下省略。

この物語は、2012年10月に兵庫県尼崎市で発覚した連続殺人死体遺棄事件(尼崎事件)にヒントを得て書かれたようで、殺された崎津の足取りを追ううちに多くの人物が殺されて鳥取砂丘に埋められていたことが明らかになり、連続殺人事件だったことが明らかになっていきます。

前半部ではいろんな事実が「点」として明らかになるのですが、読み手は多くの「点」の意味が全く分かりませんので、後半に一気に片倉たちがそれを「線」にし、全容を明らかにしていく過程を驚きを持って知ることとなる、そんな構成です。

もしお読みになるなら、前半部を辛抱し、耐える覚悟を持ってお読み下さい。
スポンサーサイト
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR