FC2ブログ

「アイネクライネナハトムジーク」

伊坂幸太郎の「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎)を読みました。
アイネクライネナハトムジーク
アコーディオン関係者の方には、モーツァルトの楽曲の中では有名な曲なので、アコーディオン編曲なり曲の紹介なり・・・と、勘違いされてしまいそうです。スミマセン・・・。

「アイネクライネ」「ライトヘビー」「ドクメンタ」「ルックスライク」「メイクアップ」「ナハトムジーク」という6編からなる連作短編集です。

「あとがき」で知ったのですが、作者は斉藤和義というミュージシャンの大ファンで、斉藤和義から「恋愛をテーマにしたアルバムを作るので、『出会い』にあたる曲の歌詞」を書いてくれないか」という依頼があったそうです。作詞はできないので小説を書くことになり、出来上がったのが「アイネクライネ」だったそうです。

・・・結果、斉藤和義が短編「アイネクライネ」の文章を使う形で曲を作ったのだそう・・・。小説の紹介で動画を紹介するのは多分初めてだと思いますが・・・その曲が次の動画の「ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」という曲です。
この曲がシングルカットされて発売されるときの付録として書き下ろしたのが短編「ライトヘビー」。

上記2作を膨らませて4つの短編を書き、それをまとめたものが本作、という他に例があまりない珍しい作品です。

伊坂幸太郎の作品を読んだことはありますが、お若い人向けのものばかりだったので、この2,3年は遠ざかっていました。

本作もやはりお若い方向けの小説でしたが、私のようなオジサン(オバサン)が読んでもOKかも・・・。

「BOOK」データベースには、次のように紹介されています。
ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが作り出す、数々のサプライズ。

連作短編だと書きましたが、各短編のつながりが時系列に沿っておらず、10年後に飛んだり、19年前に戻ったり・・・。そして登場人物が複雑(??と思っていると、子ども時代のことを描かれていた人物が大人になっていたり、結婚して名字が変わっていたり・・・)で、全ての短編が全体として大きくつながっている、ややこしい?構成ですので気をつけて読んで下さい。

内容は、読んでのお楽しみ。
スポンサーサイト
テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

キク

Author:キク
FC2ブログへようこそ!
旧「アコーディオン好きの徒然日記」ともどもよろしくお願いします。

◆松原アコーディオンクラブ・奈良アコーディオン愛好会・ぱすとらあるアコ所属。
◆日本アコーディオン協会評議員

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR